未分類

山崎けんいちの「つまずき人生①」                       

投稿日:

「ほっ❣とするまち 尼崎」私が想い描いているまちのイメージです。事業に失敗し、死にたいと思うほど失意のどん底だった頃、私は生まれ育ったまちに救われました。うっとしいほどの温かさにふれ、生きてていいんだ!ここに居ていいんだ!と感じ、生きる勇気をいただきました。そんなエピソードを、活動をともにしている方に話したら、「山崎さんのつまづき人生おもしろいですね、その経験はコロナ禍で苦しむみんなの勇気になるのではと言われました。生きていると楽しいこともありますが、悲しいこと、しんどいこと、つらいこともたくさん起こります。そんな時、心配してくれる人の存在や、ほっ❣できる地域、居場所があれば、ここに居ていいんだ!そのままの自分でいいんだ!実感できたなら、自ら命を絶つ人が少しは減っていくのではないかと信じています。そして偉い人の成功例よりも、いろんな方の失敗例のほうが安心感につながるのではないかと思うようになりました。ほっとできる安心感が今、求められているように思えてなりません。今年は私にとって節目の年。ちょっと人生を振り返ってみようかと思います。私は尼崎市の南西、武庫川のほとり元浜町で生まれ育ちました。尼崎市の職員だった父と立花こひつじ幼稚園の向かいに住んでいた母のもと1966年12月2日に生をいただきました。実家で昔の写真を見つけました。母方の祖母に抱かれた白黒写真、書道の先生だった祖母によるもの、命「憲一」亡き父が憲法を守るようにとつけたらしい。先ず、この名前がずっと嫌いでした。画数の多い「憲」と極限に画数の少ない「一」のバランスが悪すぎる。でも日本国憲法が好きなのは、この名前のせいかもしれません。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

尼崎ユースワーク研修会

  最終4回目。 振り返りと総括ワーク。   ふと思いました。 今日、参加された方々とは、どかでお会いした方が多かったように思います。   義務感での参加ではなく、たまたまお会いしたような。   ゆる …

平成30年尼崎市消防出初式

自治体消防発足70周年『平成30年尼崎市消防出初式』に出席。 尼崎市消防局、地域の消防団、尼崎市防火協会など、尼崎市の防災や救命に関わっている方々の功績にふれ、頼もしく思うとともに、感謝の念がわきまし …

尼崎市戦没者追悼式

    朝、なんかいまいち晴れない気分と裏腹に、妙に眩しい太陽が上がっていました。   嵐と選挙、様々な影響と被害を受けました。 心からお見舞いを申し上げます。   今日は尼崎市戦没者追悼式。献花を捧 …

たまには歩いてみるもんです

  移動支援で浜田町から阪神甲子園球場まで徒歩で往復しました。 ちょっとヘトヘトになりましたが、歩くと違った景色に出会います。   ずいぶん昔に行ったことのある店。 貧しい頭と書いて『貧頭(ヒンズー) …

no image

尼崎市役所も大庄公民館も村野藤吾氏の設計なのだ!

尼崎市役所も大庄公民館も村野藤吾氏の設計なのだ! 父はこの庁舎に誇りに思っていました! https://search.yahoo.co.jp/image/search?rkf=2&ei=UTF …