地域社会

ことはじめ会議@大庄

投稿日:2018年2月9日

 

オトナテラコヤ@大庄vol.1
https://www.facebook.com/events/141757426508995/?ti=icl

未来の尼崎の地域のかたちを模索するために長野県飯田市に半年間派遣されていた桂山さんの話から、大庄公民館でのオトナテラコヤ@大庄が始まりました。

塚口サンサンタウン3番感amareのオトナテラコヤではいろんな学び、そしてつながりをいただいただけに、大好きな大庄公民館での開催には感慨深いものがあります。

理想と現実の中、それでも未来の尼崎のモデルとして飯田市から気づくことが多くあると思っているだけに桂山さんの話に共感できるキーワードが多くありました。

飯田市では自治会から予算が出て公民館を運営。
公民館は行政のものではなく、自分たちのもの。
だから公民館の職員は仲間。
そして、いずれ地域のことに精通した職員として本庁に帰っていく。

行政と市民の垣根が低い関係が築けているのではないかと思えました。

住民と行政で公共をつくる拠点、地域の自分たちの居場所が公民館になっています。

条件が違いすぎますが、これからのみんなの安心を考える上で真剣に考えていきたいモデルです。

難しい言葉で言うと『地域振興体制の再構築』

自治ってなんだろうなと考えさせられました。

次回のオトナテラコヤ@大庄は2月26日(月)19時〜
大庄公民館で『公民館のこれまでを知り、これからを考える』
https://www.facebook.com/events/2108347782730427/?ti=icl

みなさまのお越しをお待ちしてます!

-地域社会
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

地域食堂『まあるい食卓』

創設メンバーではないながら、できるだけ行ける日はボランティア参加させていただいています。 子どもの貧困率が6人に1人というデータが示された時に、どうゆう事?見えないところで何が起こっているのだろう? …

ミーツ・ザ・福祉

    尼崎市では1982年より『市民福祉のつどい』というイベントが続いています。   今年は内容をリニューアルし、もっと素敵なものに、楽しいものに、よりつながれるものに、パワーアップして『ミーツ・ザ …

みんなで考えよう 中学校給食

もともと関心があったのですが、学校給食をこんなに考えたことはなかったように思います。   なぜならこれから10年後、50年後、100年後の尼崎の中学校給食のあり方が問われているからです。   尼崎市で …

地域の元気を公民館から創る

尼崎市から長野県飯田市に約半年、派遣研修に行っていた、桂山さんと前阪さんが帰ってきました! その話をどうしても聞きたくて、上坂部の西正寺さんに。 飯田市の公民館は日本一元気な公民館だと言われています。 …

『子ども食堂』の今in尼崎

今、尼崎市内には30ヶ所以上の『子ども食堂』『地域食堂』が運営されています。 でもそれぞれ、どんな人がどんな食堂をされているのか?わからなかったりします。 尼崎でがんばっている『いこいこ!庵』『まある …