地域社会 教育 その他 食・農業

『子ども食堂』の今in尼崎

投稿日:2017年12月13日

居場所ってなんだろう?って思うことがあります。

安心できる、安全地帯なのかもしれません。
それが地域ぐるみで実現できることが理想です。

いまは点であっても、それがつながることが大切だと思っています。

子どもとそこに暮らす方々のとりあえずの居場所『子ども食堂』『地域食堂』が尼崎に30ヶ所以上立ち上がっています。

その現状と取組みと課題を知ってもらえませんか?

『子ども食堂』の今in尼崎
12月16日(土)13時半から〜16時
園田学園2号館241号教室。

パネラーの一人として参加します。
よろしくお願いいたします。

 

参加している地域食堂『まあるい食卓』は今週日曜日12月17日です。

https://www.facebook.com/events/522612464771900/

こちらも是非、覗いてみてください。

-地域社会, 教育 その他, 食・農業
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

まだまだ尼崎には知らない場所がいっぱいあります。

  先日、知人にご案内いただき、尼崎市立文化財収蔵庫で、綿花栽培から、糸を紡ぎ、染色までをしているグループがあるのを知りました。 染色に使う、藍、茜、小鮒草まで栽培していました。 伝統を紡ぐ、とても大 …

みんなで考えよう 中学校給食

もともと関心があったのですが、学校給食をこんなに考えたことはなかったように思います。   なぜならこれから10年後、50年後、100年後の尼崎の中学校給食のあり方が問われているからです。   尼崎市で …

no image

「種子の知的所有権が奪われる」

「種子の知的所有権が奪われる」 【シェア大歓迎】   モンサント社がなぜバイエルの買収に応じたか。   事は複雑である。だが、種子支配という観点から見れば、実にシンプルになる。   世界の農業を牛耳る …

no image

「子どもの貧困」と「格差社会」

今日も長野で議員研修会。 午前中は分科会。 田川英信さんと大阪子どもの貧困アクショングループ NPO法人CPAOの徳丸ゆき子さんの『子どもの貧困と自治体のとりくみ』に参加させていただきました。   地 …

no image

施設の管理・運用手法

ファシリティマネジメント。 不動産(土地、建物、構築物、設備など)すべてを経営にとって最適な状態(コスト最小、効果最大)で保有し、運営し、維持するための総合的な管理手法と定義され、企業や官公庁、営利・ …