地域社会 食・農業

これからの『こども食堂』『地域食堂』を考えよう!

投稿日:2017年11月18日

   食でつながるフェスタおおさか
〜これからの『こども食堂』『地域食堂』を考えよう!〜
 
子ども食堂や地域食堂を実践されている方、これから作ろうとしている方、自治体職員や社協の方、子ども食堂などに関心のある方々でいっぱいでした。
 
さまざまな工夫や悩み、自治体の取り組みを聞けて参考になりました。
 
パネラーの方々が共通で言っておられたのは、
『長続きのコツは肩の力を抜くこと。』
なるほど。
 
そうそう、明日11月19日(日)11時より、地域食堂『まあるい食卓』開店です。
よろしければお越しください。
 
尼崎では知らないうちに30ヶ所を超える子ども食堂や地域食堂ができています。
 
12月16日(土)には『子ども食堂の今 in尼崎』と題してシンポジウムも開催されます。
 
 
皆さまのお越しをお待ちしております。
よろしくお願いいたします。

-地域社会, 食・農業
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

いろいろな視点から考える自治体政策 初日

  いろいろな視点から考える自治体政策に参加しました。   『子どもの豊かな暮らしを創る   総合的な子育て支援』森田明美 東洋大学社会学部教授。   生きる意欲を創るのが福祉。   ・主体的に暮らす …

『子ども食堂』の今in尼崎

居場所ってなんだろう?って思うことがあります。 安心できる、安全地帯なのかもしれません。 それが地域ぐるみで実現できることが理想です。 いまは点であっても、それがつながることが大切だと思っています。 …

学校給食に「田能のさといも」

うれしいお知らせをいただきました。   『学校給食に田能のさといも』   消滅寸前だった尼崎の伝統野菜『田能のさといも』が一部の小学校ですが、学校給食に初めて提供されました!   存在は知っていたにも …

no image

農業✖️福祉

  奈良県高取町にある障がい者就労支援センター『ポルテの森』さんに視察と交流とお手伝いに行ってきました。   ポルテの森さんは就労継続支援B型として無農薬の農園を経営しておられます。   今日は雑草に …

やさしい手話講座2回目を受講 他

    朝、園田地区会館にて、手話サークル『ふれあい』さんの、やさしい手話講座2回目を受講。   聴覚障がいの方々を交えての講座。 手話一つ一つに意味があり、気持ちや表情も大切。   手話の世界では私 …