地域社会

『社会的排除と生きづらさの克服をめざして』

投稿日:2017年11月16日

 
 
『社会的排除と生きづらさの克服をめざして』
– 社会的包摂(ソーシャル・インクルージョン)と宗教 ー
龍谷大学院実践真宗学研究科主催のシンポジウムに西正寺の中平さんに教えていただき、参加させていただきました。
 
同志社大学 木原教授からは、自殺と社会構造について。
自殺は社会的な問題でもあり、構造的暴力について知りました。
 
 
 
東京工業大学 伊藤准教授からは、視覚障害の事例から、福祉論ではなく、身体論から差異を感じるアプローチに明るさを感じました。
 
 
僧侶であり、特定非営利活動法人エスペランサ理事の堀西氏からは、お寺でされている多文化共生の取り組みを教えていただきました。
 
 
尼崎 西正寺の僧侶であり、龍谷大学院の実習助手もされている 中平 氏には、尼崎で、様々な社会問題を市民が考え、議論する取り組みをご紹介いただきました。
地域の中で、お寺が果たす新たな役割に、可能性を感じました。
 
 
今、言葉では『地域共生社会』という言葉が一人歩きしていますが、今日の発表にあるような、地道な一つ一つの活動がつながって、波及することが地域共生社会の実現にはとても必要だと感じました。

-地域社会
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

みんなの総合計画発表会

『みんなの総合計画発表会』開催決定! 尼崎市総合計画 後期まちづくり基本計画 はこれから5年の尼崎市の羅針盤とも言える最上位計画です。 私は市会議員になる前から総合計画市民懇話会の委員として関わらせて …

子ども食堂『モコモコ倶楽部』

尼崎で一番新しい?子ども食堂『モコモコ倶楽部』さん。 なんと父の葬儀でお世話になった『元浜社会福祉連絡協議会 南会館』 先日の子ども食堂のシンポジウムで、出会い。 今日のぞいてきました。 中に入ると、 …

みんなで考えよう 中学校給食

もともと関心があったのですが、学校給食をこんなに考えたことはなかったように思います。   なぜならこれから10年後、50年後、100年後の尼崎の中学校給食のあり方が問われているからです。   尼崎市で …

ミーツ・ザ・福祉

    尼崎市では1982年より『市民福祉のつどい』というイベントが続いています。   今年は内容をリニューアルし、もっと素敵なものに、楽しいものに、よりつながれるものに、パワーアップして『ミーツ・ザ …

『子ども食堂』の今in尼崎

今、尼崎市内には30ヶ所以上の『子ども食堂』『地域食堂』が運営されています。 でもそれぞれ、どんな人がどんな食堂をされているのか?わからなかったりします。 尼崎でがんばっている『いこいこ!庵』『まある …