福祉 食・農業

日本知的障害者福祉協会 全国生産活動・就労支援部会 兵庫大会in尼崎 2日目。

投稿日:2017年11月10日

 
日本知的障害者福祉協会 全国生産活動・就労支援部会 兵庫大会in尼崎 2日目です。
 
各地で農✖️福を実践されている方々な報告とパネルディスカッションでした。
 
各福祉団体とも特色があり、農業との関わり方やタイミングは違えど、積極的に地域に出て行き、課題を発見、解決していくことを通じて職員、利用者ともに成長し、地域との共生を果たしている姿を拝見し、農✖️福の可能性を感じました。
 
利用者も、地域の方も、事業所もみんな笑顔にしたい!との言葉が印象に残りました。
 
外では同時開催『てんこもり物産展inあまがさき』盛況でした。
 
福祉にであう。福祉とまじわる。
 
いよいよ明日、11月11日(土)は『ミーツ ザ 福祉』開催です。
 
今日は準備。
テントが立ち並びました。
 
明日晴れますように!

-福祉, 食・農業

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ミーツ・ザ・福祉

    尼崎市では1982年より『市民福祉のつどい』というイベントが続いています。   今年は内容をリニューアルし、もっと素敵なものに、楽しいものに、よりつながれるものに、パワーアップして『ミーツ・ザ …

no image

【食べる】ことの大切さ

いつもありがとうございます! 喜楽苑にて、島袋さん、石本さんなどが活動されている【専門職のネットワークで最後まで口から食べられる街 尼崎】 主催の『学ぼう、伝えよう介護食、嚥下食』に参加させていただき …

『子どもの命を守る会・尼崎』さんの要望書

  『子どもの命を守る会・尼崎』さんの要望書提出に立ち会いました。   要望は、学校給食等の安全性対策と食品の放射能検査継続のお願い。   3.11以降、子どもたちの食べる学校給食は安心安全が第一と、 …

いろいろな視点から考える自治体政策 初日

  いろいろな視点から考える自治体政策に参加しました。   『子どもの豊かな暮らしを創る   総合的な子育て支援』森田明美 東洋大学社会学部教授。   生きる意欲を創るのが福祉。   ・主体的に暮らす …

みんなで考えよう 中学校給食

もともと関心があったのですが、学校給食をこんなに考えたことはなかったように思います。   なぜならこれから10年後、50年後、100年後の尼崎の中学校給食のあり方が問われているからです。   尼崎市で …