福祉 食・農業

日本知的障害者福祉協会 全国生産活動・就労支援部会 兵庫大会in尼崎

投稿日:

 
 
日本知的障害者福祉協会 全国生産活動・就労支援部会 兵庫大会in尼崎に参加させていただきました。
 
テーマは農✖️福連携。
今、注目をあびつつある、農業と福祉の連携した取り組みについて詳しく知ることができました。
 
関係する厚生労働省と農林水産省の方向性や、先進的な京都府の取り組み事例や、全国の成功事例を知り、農業や福祉分野のみならず、地域課題の解決にも有効な取り組みだと実感しました。
 
開会式のご挨拶には、稲村和美 尼崎市長。
 
来年は医療、介護、障がい福祉のトリプル報酬改定をひかえ、難しい課題が多々あるなか、福祉支援の質の向上がポイントになってきます。
 
障がい者の就労支援のあり方も議論にあがっています。
 
農業の場面では農業従事者の平均年齢が66.3歳。
農業就業人口はH7年からH27年で1/2に減り、耕作放棄地は42.4万haと、ほぼ富山県と同じくらいの面積になってしまいました。
 
福祉面では、障がい者の方は、一般より就業率が低く、B型事業所では賃金が少ない。
 
この2つが融合すること、農✖️福=WIN✖️WINの関係に、お互いが笑顔になっている事例が全国で起こりつつあります。
  
 
さらに京都府では、いろんな世代の人がつながるような取り組みにすること。
支援する、支援されるではなく、お互い対等の立場で地域で共に生きるをテーマに取り組まれていることに感銘を受けました。
 
尼崎でも何かできないか?考えていきたいと思いました。

-福祉, 食・農業
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

給食センターを考える

  給食センターの画像を見て、すごいなと思う反面、違和感を感じました。   子どもたちの給食を作る場所というより、食品工場なのではないのかと。   持続可能な社会を考える上で、何があっても生きていくた …

no image

持続可能な食スタイルとは何か?

  緑の党ひょうごの交流会で食と環境の関係を追ったドキュメンタリー映画『カウスピラシー』を観ることができました。 題名のCowsPiracy(カウスピラシー)はCow(牛)とConspira …

no image

議員研修会 『貧困対策はどこに向かうのか』

  長野で議員研修会に参加しました。 題名は『貧困対策はどこに向かうのか』   誰もが自己肯定感を持てる社会をとは? よく考えるテーマです。 戦争と平和は対ですが、自由と平等は対なんだろうか?   参 …

no image

ほっとひと息の一日

嵐の前の雨。 あるはずの大切な予定がなくなってしまいました。   が、毎月第3土曜日朝は『大庄ことはじめかいぎ』 大庄公民館を舞台にやりたいことをみんなで育てるコミュニティです。   昨年から大庄公民 …

これからの『こども食堂』『地域食堂』を考えよう!

   食でつながるフェスタおおさか 〜これからの『こども食堂』『地域食堂』を考えよう!〜   子ども食堂や地域食堂を実践されている方、これから作ろうとしている方、自治体職員や社協の方、子ども食堂などに …