地域社会 経済環境市民常任委員会

行政視察二日目 静岡県富士市

投稿日:2017年11月1日

 
久しぶりにきれいな富士山をのぞみました。 
 
尼崎市経済環境市民委員会、行政視察二日目。
 
静岡県富士市を訪問しました。
テーマは地域の力こぶ増進計画に基づく取り組みについて。
 
 
 
富士市では地域力を高めるために、公民館を地区まちづくりセンターに再編し、地区ごとにまちづくり活動への支援や、行政の窓口を整備されています。
しかも室はすべて無料開放。
 
すべてのコミュニティは小学校区に整備され、
地区まちづくりセンターは小学校と同数の26ヶ所、きめ細かく配置され、そのすべてに市民サービスコーナーがあり証明書などを発行してもらえます。
 
小学校区ごとに各種団体を統合した『まちづくり協議会』が組織され、地域の自治の一本化が図られています。
町内会の加入率は83%とも90%とも言われています。
 
また、市の職員である前に、地区の住人であるとの考えから、自分の住んでいる地区でのボランティアを奨励されていて、職員は各地区の『まちづくり地区担当班』に加入、市内居住率も高く、約1000人の職員のうち約800人の職員の方が、近所の『まちづくり地区担当班』に加入されています。
 
『縦』➕『横』の連携。
地区の課題を明確にし、ベクトルを合わせ行動計画に落とし込む。
 
 
『社会情勢の変化に柔軟に対応できる足腰の強い、将来にわたって持続可能な地域コミュニティづくり』
 
ハード面、ソフト面において具体性を感じました。
 
 

-地域社会, 経済環境市民常任委員会
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

『都市を耕す エディブルシティ』

『都市を耕す エディブルシティ』   この映画は絶妙なタイミングで観ることができ、希望の種と勇気をいただいた忘れることができない映画の一つになりました。   食べものが基本。 食べもの=社会。   身 …

no image

施設の管理・運用手法

ファシリティマネジメント。 不動産(土地、建物、構築物、設備など)すべてを経営にとって最適な状態(コスト最小、効果最大)で保有し、運営し、維持するための総合的な管理手法と定義され、企業や官公庁、営利・ …

no image

フクシマの現状に触れて思うこと

いつもありがとうございます! 本日は、【さいなら原発 尼崎住民の会】が主催の『いわき市から兵庫へ 〜避難者のリアル〜』に参加させていただきました。 3.11後、福島県いわき市より兵庫に避難された方の話 …

『子ども食堂』の今in尼崎 及び 尼崎農業祭!

おはようございます☀   朝、JR立花駅周辺でトングマン。   今日も佳き一日でありますように。       尼崎フォーラム 子ども食堂と共生の街づくり 『子ども食堂』の今in尼崎   パネラーの端っ …

まちの課題解決に取り組む大学

園田学園女子大学・まちづくり解剖学 テーマはまちの課題解決に取り組む大学。 ①ポートランド州立大学のCBL(Community Based Learning)実践研修報告 ②COC(Center Of …