地域社会 教育 その他

高校内居場所カフェの実践

投稿日:2017年10月27日

  
 
『ユースワーク研修会②高校内居場所カフェの実践』
 
不登校、学校に物理的にも、心理的にも行けない子ども。
1000人あたりの%
 
小学生、尼崎市0.55  平均0.3〜0.4
中学生、尼崎市4.04  平均2.9
 
大阪で校内カフェなどを実践されている、一般社団法人officeドーナツトークの田中俊英代表のお話を伺わせていただきました。
 
 
 
ファストプレイス=家庭
セカンドプレイス=学校
どちらも居場所がないならサードプレイスとしての居場所づくり、地域や専門職が加わった総合支援、ケースカンファレンス、特にその子が将来的にどうなってほしいのか、長期的な目標を中心とした戦略的ケースカンファレンスを構築が求められていると実感したした。
 
田中さん、ユースワーク研修会を企画された方々、参加されている方々、実践されている方々のすごさを感じられました。
 
次回のユースワーク研修会は11月10日(金)18時30分 尼崎市小田支所にて。
楽しみにしています!
 
 
 
『無肥料栽培を実現する』in三田
 
久しぶりに岡本よりたかさんの話を伺えました。
 
えてして自然栽培の話は思想的に偏りがちですが、無肥料栽培という概念で、理にかなう形で解説されているのがすごい。
 
酸素(o)、炭素(c)、水素(H)
水と空気と太陽で循環する。
 
多少ストレスがある方が成長する。
ダラっとすると成長が止まる。
 
野草は風の音を聞いて育つ、野菜は人の足音を聞いて育つ。
 
なるほど。

-地域社会, 教育 その他
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

『都市を耕す エディブルシティ』

『都市を耕す エディブルシティ』   この映画は絶妙なタイミングで観ることができ、希望の種と勇気をいただいた忘れることができない映画の一つになりました。   食べものが基本。 食べもの=社会。   身 …

共に生きる地域

    地域福祉政策(理論編) ①これからの福祉政策の方向性 ②政策立案の手法 公益社団法人かながわ福祉サービス振興会理事長 瀬戸恒彦氏に伺いました。         福祉における地方自治体の役割は大 …

給食センターを考える

  給食センターの画像を見て、すごいなと思う反面、違和感を感じました。   子どもたちの給食を作る場所というより、食品工場なのではないのかと。   持続可能な社会を考える上で、何があっても生きていくた …

尼崎市は環境モデル都市です。ご存じでしたでしょうか?

  【あまがさき環境オープンカレッジ】さんにお話しを伺いに行ったら、ちょうど塚口サンサンタウン3番館から2番館への引越し作業のお手伝いをちょっとできました。   塚口サンサンタウン3番館、39年の歴史 …

地域食堂『まあるい食卓』

創設メンバーではないながら、できるだけ行ける日はボランティア参加させていただいています。 子どもの貧困率が6人に1人というデータが示された時に、どうゆう事?見えないところで何が起こっているのだろう? …