地域社会 教育 その他

高校内居場所カフェの実践

投稿日:2017年10月27日

  
 
『ユースワーク研修会②高校内居場所カフェの実践』
 
不登校、学校に物理的にも、心理的にも行けない子ども。
1000人あたりの%
 
小学生、尼崎市0.55  平均0.3〜0.4
中学生、尼崎市4.04  平均2.9
 
大阪で校内カフェなどを実践されている、一般社団法人officeドーナツトークの田中俊英代表のお話を伺わせていただきました。
 
 
 
ファストプレイス=家庭
セカンドプレイス=学校
どちらも居場所がないならサードプレイスとしての居場所づくり、地域や専門職が加わった総合支援、ケースカンファレンス、特にその子が将来的にどうなってほしいのか、長期的な目標を中心とした戦略的ケースカンファレンスを構築が求められていると実感したした。
 
田中さん、ユースワーク研修会を企画された方々、参加されている方々、実践されている方々のすごさを感じられました。
 
次回のユースワーク研修会は11月10日(金)18時30分 尼崎市小田支所にて。
楽しみにしています!
 
 
 
『無肥料栽培を実現する』in三田
 
久しぶりに岡本よりたかさんの話を伺えました。
 
えてして自然栽培の話は思想的に偏りがちですが、無肥料栽培という概念で、理にかなう形で解説されているのがすごい。
 
酸素(o)、炭素(c)、水素(H)
水と空気と太陽で循環する。
 
多少ストレスがある方が成長する。
ダラっとすると成長が止まる。
 
野草は風の音を聞いて育つ、野菜は人の足音を聞いて育つ。
 
なるほど。

-地域社会, 教育 その他
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

開かれた議会

本日はJR立花駅周辺の美化活動からスタート。   その後、宝塚へ。 毎日見てませんが道の状態が違うと実感。   宝塚市議会第6回意見交換会に朝10時〜16時まで傍聴させていただきました。   議会が主 …

これからの『こども食堂』『地域食堂』を考えよう!

   食でつながるフェスタおおさか 〜これからの『こども食堂』『地域食堂』を考えよう!〜   子ども食堂や地域食堂を実践されている方、これから作ろうとしている方、自治体職員や社協の方、子ども食堂などに …

上を向いて

地域で暮らす人の幸福とは? 影響を受けた本が今日届きました。 尼崎市立中央図書館の蔵書の一冊です。 『47都道府県幸福度ランキング』 調査対象42中核市の中で尼崎市の幸福度は41番目。 上がるしかない …

『地域食堂・みそ・しょうゆ』 食べものを巡る一日

金楽寺にある喜楽苑地域ケアセンターあんしん24にて毎月第3日曜日に開催される地域食堂『まあるい食卓』のお手伝い。 こだわった食材で、ゆったりとしながらも手際よく食卓が仕上がっていきます。 優しい雰囲気 …

みんなの総合計画発表会

『みんなの総合計画発表会』開催決定! 尼崎市総合計画 後期まちづくり基本計画 はこれから5年の尼崎市の羅針盤とも言える最上位計画です。 私は市会議員になる前から総合計画市民懇話会の委員として関わらせて …