食・農業

映画紹介 『エディブルシティ』

投稿日:2017年10月21日

 
草のねmeet。
都市を耕そう!『エディブルシティ』
 
 
 
 
大阪の北加賀屋にある『みんな農園』さんで初めて観た時に魂を揺さぶられて、勇気をもらえた映画です。
 
感じかたはそれぞれだと思いますが、一度見てもらいたい映画の一つです。
 
10月28日(土) 11時から。尼崎の小田地区会館。
 
 
<以下、くさのねmeetのメンバーの金岩さんより>
 
スタッフの金岩日佐美です。
ベジタリアンの食堂を運営していて、食べることが大好きです。
『エディブルシティ』の試写を観て思ったのは、食べることにもっと積極的に関わっていいんだ!ということでした。
そこで、子どもの頃から、春になると野草摘みに出かけたことを思い出して、近くの公園に行ってみました。すると、食べられる植物が本当にたくさんありました。
(その時の様子をブログにまとめましたので、よかったらご覧ください(^_-)-http://blog.goo.ne.jp/toridori2010/e/cc3f9c36fdc041485771ab421356c8ce
 
また、この映画では、「食べること=生きること」を自分たちの手でやってみる方法がいろいろ示されています。きっと観終わるころには、やってみたいアイデアがたくさん閃くことでしょう。
出来る出来ないはちょっと置いておいて、思いついたことを口に出してみるだけでも、きっと楽しいです!
 
特製おにぎりに薬草茶、ご用意してお待ちしてます。
ぜひ、お気軽に来てくださいね~😇
 
*『エディブルシティ』予告編(約2分)。
 
 

-食・農業
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

給食センターを考える

  給食センターの画像を見て、すごいなと思う反面、違和感を感じました。   子どもたちの給食を作る場所というより、食品工場なのではないのかと。   持続可能な社会を考える上で、何があっても生きていくた …

やさしい手話講座2回目を受講 他

    朝、園田地区会館にて、手話サークル『ふれあい』さんの、やさしい手話講座2回目を受講。   聴覚障がいの方々を交えての講座。 手話一つ一つに意味があり、気持ちや表情も大切。   手話の世界では私 …

no image

「種子の知的所有権が奪われる」

「種子の知的所有権が奪われる」 【シェア大歓迎】   モンサント社がなぜバイエルの買収に応じたか。   事は複雑である。だが、種子支配という観点から見れば、実にシンプルになる。   世界の農業を牛耳る …

学校給食に「田能のさといも」

うれしいお知らせをいただきました。   『学校給食に田能のさといも』   消滅寸前だった尼崎の伝統野菜『田能のさといも』が一部の小学校ですが、学校給食に初めて提供されました!   存在は知っていたにも …

no image

ほっとひと息の一日

嵐の前の雨。 あるはずの大切な予定がなくなってしまいました。   が、毎月第3土曜日朝は『大庄ことはじめかいぎ』 大庄公民館を舞台にやりたいことをみんなで育てるコミュニティです。   昨年から大庄公民 …