地域社会

飯田市への職員派遣について

投稿日:2017年9月28日

新しい形の尼崎市議会決算特別委員会。
総務分科会を午前中に傍聴させていただきました。
 
前年の決算特別委員会を知らないため、比較はできませんが、各常任委員会が予算、進捗、決算のPDCAをチェック.審議することはとてもいいことだと思います。
 
今日審議されたことの中で、飯田市に職員を派遣していることに対し賛否両論がありました。
 
飯田市は公民館を中心にした住民自治の仕組みが根付いています。
 
配属された職員を地域が育てるような風土があります。
 
地域の事情に精通し、地域と近い関係、お互いに本音で意見を言い合える関係なのではないのかな?
 
『お前がそこまで言うのなら協力するわ。』みたいな関係が築けているのではないかと思っています。
 
飯田市に半年に2名ずつ6名の職員を派遣する計画です。
 
今、期待の若手職員がすでに派遣されています。
11月には帰ってくる予定です。
 
話しを聞いてみたい!
そう思いました。
 
地域の核となる人材となるように、地域、行政、議会を含めバックアップする雰囲気づくりの必要性を感じました。

-地域社会
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ミーツ・ザ・福祉

    尼崎市では1982年より『市民福祉のつどい』というイベントが続いています。   今年は内容をリニューアルし、もっと素敵なものに、楽しいものに、よりつながれるものに、パワーアップして『ミーツ・ザ …

amaわんだーグラウン土

    昨年は大庄おもしろ広場で開催された『地べたフェス』の実行委員会が、今年は小田南公園で『amaわんだーグラウン土』を開催。   メッセージ性のある音にふれながら。   その中の企画、野外での『気 …

餅つき大会

  今朝もJR立花にて、トングマン。 いっぱい落ちてました! そののち、 社会福祉法人あま〜ちさんで餅つき大会。   子どもも、障がい者も、みんな餅をつく。 おそるおそるつく子、おもいっきり …

共に生きる地域

    地域福祉政策(理論編) ①これからの福祉政策の方向性 ②政策立案の手法 公益社団法人かながわ福祉サービス振興会理事長 瀬戸恒彦氏に伺いました。         福祉における地方自治体の役割は大 …

no image

ほっとひと息の一日

嵐の前の雨。 あるはずの大切な予定がなくなってしまいました。   が、毎月第3土曜日朝は『大庄ことはじめかいぎ』 大庄公民館を舞台にやりたいことをみんなで育てるコミュニティです。   昨年から大庄公民 …