貧困 福祉

議員研修会 『貧困対策はどこに向かうのか』

投稿日:2017年8月25日

 
長野で議員研修会に参加しました。
題名は『貧困対策はどこに向かうのか』
 
誰もが自己肯定感を持てる社会をとは?
よく考えるテーマです。
戦争と平和は対ですが、自由と平等は対なんだろうか?
 
参考になればと参加させていただきました。
 
『生活保護の動向と生存権の保証』について、花園大学 吉永純教授。
 
『メディアから読み取る 生活保護と子どもの貧困』について、漫画家のさいき まこ さん。
 
『医療現場から見える子どもの貧困』について、健和会病院小児科 和田浩先生。
 
『当時者の声を聞く 〜生活保護世帯実態調査をふまえて〜』について、上伊那生協病院 医療ソーシャルワーカー 鮎澤ゆかりさん。
 
『私のまちの生活保護 〜議員としてのチェックポイント〜』について、横浜市旭福祉センター 横山秀昭氏。
 
以上のテーマに関して学ばせていただきました。
 
セーフティネットは本当に必要なところにかかっているのだろうか?
 
公的扶助と自助努力は対なんだろうか?
 
いろいろと考えさせられました。
 
PAC3やオスプレイなどを買う予算があるのであれば福祉にもっと予算をまわし、格差を縮小すべきではないかと思いました。

-貧困, 福祉
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

【食べる】ことの大切さ

いつもありがとうございます! 喜楽苑にて、島袋さん、石本さんなどが活動されている【専門職のネットワークで最後まで口から食べられる街 尼崎】 主催の『学ぼう、伝えよう介護食、嚥下食』に参加させていただき …

ミーツ・ザ・福祉

    尼崎市では1982年より『市民福祉のつどい』というイベントが続いています。   今年は内容をリニューアルし、もっと素敵なものに、楽しいものに、よりつながれるものに、パワーアップして『ミーツ・ザ …

いろいろな視点から考える自治体政策 初日

  いろいろな視点から考える自治体政策に参加しました。   『子どもの豊かな暮らしを創る   総合的な子育て支援』森田明美 東洋大学社会学部教授。   生きる意欲を創るのが福祉。   ・主体的に暮らす …

『尼崎市手話言語条例』可決

尼崎市議会第3回定例会、全ての審議を終了しました。 各常任委員会に付託された議案、総合計画についての審査の概要と結果が報告されました。 その中で本日『尼崎市手話言語条例』が全会一致で可決されました。 …

一日中『ミーツ ザ 福祉』

    実行委員会の体験チームに参加させていただき、『運動会をしよう』のお手伝い。 子どもたち、大人たちや障がいを持った方がチームを組んでのリレーなど、助け合いながらの運動会。 てんやわんやしながらも …