未分類

『この世界の片隅に』 観ました

投稿日:2017年8月11日

山の日、JR立花駅でいつもの美化活動。

その後、観に行きたくとも行けなかった『この世界の片隅に』を観にいきました。

72年前、戦争が終わるか終わらないかの時期にこの映画を観ることができました。

日常から非日常へ、そしてそれが日常へ。それが終わることによる喪失感。

それでも生きるために暮らす、食べることの尊さを感じました。

悲しさを乗り越えて今、この国が成り立っていることを決して忘れてはいけない、一人では乗り越えられない壁をみんなで乗り越えてきたきたことを知ることによって、地域社会を見直すきっかけになると思わされる映画でした。

人は人を殺すためになんでそこまで残虐な兵器を開発できるのだろうか?

誰のために、何のために戦争が起こるのだろうか?

普通の暮らしから考えさせられる映画でした。

今よりゴミの少ない時代から見ると今の現状はどう映るのでしょうか?

-未分類
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

私のほっとスポット

僕のほっとスポット(ほっとする場所)のひとつ、《まあるい食卓》です。 いわゆる子ども食堂ですが、何も子どもだけが集う場所ではありません。 もちろん「子どもの孤食」という社会問題ともいうべき事柄への民間 …

緑の党ひょうご共同代表

緑の党ひょうごの共同代表に選出していただきました。 社会的に公正で持続可能な社会を創る。 緑の党の基本理念や政策を一度ご覧いただけませんか? … http://greens.gr.jp/ …

大庄公民館 『ことはじめかいぎ』

毎週恒例のJR立花駅周辺の美化活動に参加。 いたるところに落ちていました。     その後、大庄公民館での『ことはじめかいぎ』 今回で12回目の開催です。 どなたでも参加できる地域のかいぎです。 毎月 …

no image

あまがさきサマーセミナーin双星高校 

「まちに、まなびを、まきおこす」 みんなが先生、みんなが生徒。 あまがさきサマーセミナーin双星高校でした。 1日があっという間に過ぎて、心地よい疲労感がきもちいい。 朝礼から五時限目までずっと参加さ …

no image

墓前にて

墓参りに行きました。 ここには、父、祖母、祖父が眠っています。 父は尼崎の市職員、祖母は学校の先生、祖父は教育委員会の体育部長でした。 今年、違う立場で尼崎市に関わることになったことをあらためて報告し …

PREV
尼崎城
NEXT
楠公飯