未分類

山崎けんいちの「つまずき人生①」                       

投稿日:

「ほっ❣とするまち 尼崎」私が想い描いているまちのイメージです。事業に失敗し、死にたいと思うほど失意のどん底だった頃、私は生まれ育ったまちに救われました。うっとしいほどの温かさにふれ、生きてていいんだ!ここに居ていいんだ!と感じ、生きる勇気をいただきました。そんなエピソードを、活動をともにしている方に話したら、「山崎さんのつまづき人生おもしろいですね、その経験はコロナ禍で苦しむみんなの勇気になるのではと言われました。生きていると楽しいこともありますが、悲しいこと、しんどいこと、つらいこともたくさん起こります。そんな時、心配してくれる人の存在や、ほっ❣できる地域、居場所があれば、ここに居ていいんだ!そのままの自分でいいんだ!実感できたなら、自ら命を絶つ人が少しは減っていくのではないかと信じています。そして偉い人の成功例よりも、いろんな方の失敗例のほうが安心感につながるのではないかと思うようになりました。ほっとできる安心感が今、求められているように思えてなりません。今年は私にとって節目の年。ちょっと人生を振り返ってみようかと思います。私は尼崎市の南西、武庫川のほとり元浜町で生まれ育ちました。尼崎市の職員だった父と立花こひつじ幼稚園の向かいに住んでいた母のもと1966年12月2日に生をいただきました。実家で昔の写真を見つけました。母方の祖母に抱かれた白黒写真、書道の先生だった祖母によるもの、命「憲一」亡き父が憲法を守るようにとつけたらしい。先ず、この名前がずっと嫌いでした。画数の多い「憲」と極限に画数の少ない「一」のバランスが悪すぎる。でも日本国憲法が好きなのは、この名前のせいかもしれません。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

マネジメント

12月15日、たまたま実家によると、父の命日でした。 父は当時、阪急ブレーブスファンでありながら、西武の広岡監督を評価していました。 管理野球。 その考えが理解できず、前半は真逆な道を選んだように思い …

no image

明日から仕事はじめ

  日本の官公庁では行政機関の休日に関する法律(昭和63年12月13日、法律第91号)により、12月29日から1月3日までを休日として定めており、1月4日を御用始めとして、その年の最初の業務 …

尼崎市決算特別委員会

明日から尼崎市決算特別委員会が開催されます。   以前もお伝えしましたが、9月尼崎市議会定例会から決算予算の審査方法が変わります。   尼崎市議会では、初めての試みとなります。 各受け持ちの委員会ごと …

気候変動適応法

気候変動適応法案が2月20日に閣議決定されました。 http://www.env.go.jp/press/105165-print.html みんなで考える『温暖化からひょうごを守る適応策』in尼崎『 …

リベラル野党が共闘

    目指す政策は大きくは同じでありながら、それだけに分断対立してきたように思います。   最大公約数の志を同じくする5つの政党と政治団体が尼崎で結集しました。   武庫之荘駅北側、立憲民主党の街宣 …