議会

第4回尼崎市議会定例会開会

投稿日:

第4回尼崎市議会定例会が開会しました。

4月1日には新しい年度を迎えます。

本日は議案上程と稲村和美市長より平成30年度施政方針が示されました。

尼崎市はどのようなまちを目指すのか。

『あるべきまち』ではなく『ありたいまち』
・人が育ち、お互いに支えあうまち
・健康、安全・安心を実感できるまち
・地域の資源を活かし、活力が生まれるまち
・次の世代に、よりよい明日をつないでいくまち

尼崎市総合計画 後期まちづくり基本計画がスタートします。
平成30年度は、そのスタートダッシュを切る年。

重点施策は、
・学びの先進都市
・子どもの育ちへの支援
・観光地域づくり
・シティプロモーション
・自治のまちづくり

ありたいまちの実現に向けては、このほかにも、さまざまな取組を推進する計画や事業が行われます。

計画は、『つくる』ことではなく、『つかう』ことに意味があるという理念のもと、施策評価を実施する。

どの取組も、思いを同じくする多くの力が合わさって初めて実現する。
市役所だけではできないことも、さまざま担い手とともに、どうすればできるかを考え、連携する。
前例がないからといってリスクを回避するのではなく、積極的に挑戦し、失敗からも学んで、新しいやり方につなげていく。

そして、多くの人たちが、それぞれの役割を果たしていくなかで、手応えを感じ、まちへの愛着を深めていく。
そんなまちづくりを目指していきます。

稲村市長の施政方針を伺って、そんな尼崎にしたいなと思いました。

そのため尼崎はどこに向かっているのか?
現状はどうなのか?
知ること、共有することが大切なことで、しっかりと情報発信をして、市政に関心を持ってもらう取組を、意見を聞く姿勢を示し、実現可能性をともに考えることが必要ではないかと感じました。

尼崎に関わっている方は、方向性は違えど、みんな尼崎が良くなることを願っていると信じています。

私も尼崎が少しでも良くなるように、役割を果たしていきます。
http://www.city.amagasaki.hyogo.jp/si_za…/…/9953/041214.html

-議会
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

尼崎市議会「緑のかけはし」H30年度予算について、15の意見表明

平成30年度予算について、「緑のかけはし」として以下の15項目の意見表明をおこないました。 発言者は「緑のかけはし」副幹事長 都築徳昭 議員 1.シティープロモーションについて 尼崎市はこれまで街の魅 …

経済環境市民常任委員会常任委員会事前説明

本日は私が所属している『経済環境市民常任委員会』の事前説明を受けました。 会派別の説明会のため協議会案件については幹事長に同席いただきましたが、議案については私ひとりに説明していただきました。 所管部 …

平成30年度予算勉強会

予算審議を前に、尼崎市当局が会派別に予算勉強会を開いてくれます。 毎年、膨大な事業が組まれますので主要な事業の説明を受けるだけでも1日がかりとなります。 数日に分けて6つある会派と無所属議員にそれぞれ …