環境 エネルギー 未分類

自然エネルギー100%に向かう世界と日本

投稿日:2018年2月18日

『自然エネルギー100%に向かう世界と日本』

パリ協定が発効し、世界的に脱炭素社会や再生可能エネルギー100%をめざす動きになっています。日本でもエネルギー政策(エネルギー基本計画)の見直しの議論が行われています。

ただ環境省、経産省、外務省と温度差、利害、考えが違い、国のエネルギー政策はどこを向いて進むのだろうか?と思います。

世界は自然エネルギー100%に向かっているのに、日本はどこに向かうのだろうか?

グローバル、グローバルと言いながら、狭いところで利権を守ろうしているようにしか思えません。

-環境, エネルギー, 未分類
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

たまには歩いてみるもんです

  移動支援で浜田町から阪神甲子園球場まで徒歩で往復しました。 ちょっとヘトヘトになりましたが、歩くと違った景色に出会います。   ずいぶん昔に行ったことのある店。 貧しい頭と書いて『貧頭(ヒンズー) …

リベラル野党が共闘

    目指す政策は大きくは同じでありながら、それだけに分断対立してきたように思います。   最大公約数の志を同じくする5つの政党と政治団体が尼崎で結集しました。   武庫之荘駅北側、立憲民主党の街宣 …

憲法を考える  ~党派越えて~

昨日は立憲民主党の宣伝カーに乗りました。   宝塚では共産党の方々が兵庫第6選挙区の桜井シュウさん(立憲民主党)の名を連呼していました。   先ほどまで、ミナセン尼崎『市民と野党の対話集会』に参加して …

大地の再生 第1回都市環境サミット

  大地の再生  第1回都市環境サミット。   山、川、海は切っても切れない関係にあり、すべてはつながっていることを意識できました。   山村も漁村も都市も下流も上流も流域として考えていかないと生命の …

緑の砂漠

クリスマスイブだというのに、丸尾さんと山に芝刈りに。 良質な緑茶で有名な和束町にて、 『和束町で豊かな森をつくろう』プロジェクト』 http://wazuka-forest.jimdo.com に参加 …