環境 エネルギー 未分類

自然エネルギー100%に向かう世界と日本

投稿日:2018年2月18日

『自然エネルギー100%に向かう世界と日本』

パリ協定が発効し、世界的に脱炭素社会や再生可能エネルギー100%をめざす動きになっています。日本でもエネルギー政策(エネルギー基本計画)の見直しの議論が行われています。

ただ環境省、経産省、外務省と温度差、利害、考えが違い、国のエネルギー政策はどこを向いて進むのだろうか?と思います。

世界は自然エネルギー100%に向かっているのに、日本はどこに向かうのだろうか?

グローバル、グローバルと言いながら、狭いところで利権を守ろうしているようにしか思えません。

-環境, エネルギー, 未分類
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

尼崎市役所も大庄公民館も村野藤吾氏の設計なのだ!

尼崎市役所も大庄公民館も村野藤吾氏の設計なのだ! 父はこの庁舎に誇りに思っていました! https://search.yahoo.co.jp/image/search?rkf=2&ei=UTF …

緑の砂漠

クリスマスイブだというのに、丸尾さんと山に芝刈りに。 良質な緑茶で有名な和束町にて、 『和束町で豊かな森をつくろう』プロジェクト』 http://wazuka-forest.jimdo.com に参加 …

『大庄ことはじめかいぎ』

私の唯一の地域の居場所? 『大庄ことはじめかいぎ』 飯田市から帰ってきた桂山さんの元気な姿と林檎に元気づけられました。 その想いを応援したいと心底思いました! 来年に向けて、ワクワクできるつながりがで …

尼崎21世紀の森

尼崎21世紀の森。 尼崎の南部に森が育っています。 ここや元浜緑地で、毎月第1土曜日に『森のかいぎ』が開かれます。 久しぶりに参加させてもらいました。 いろんなメンバーも加わって、おもしろさがパワーア …

no image

楠公飯

  『この世界の片隅に』をやっと観に行くことができました。 食べることも一つのテーマだったように感じました。 そこで登場した、戦時中の節米食『楠公飯』 籠城するため楠木正成公が考案したといわ …