環境 エネルギー 未分類

自然エネルギー100%に向かう世界と日本

投稿日:2018年2月18日

『自然エネルギー100%に向かう世界と日本』

パリ協定が発効し、世界的に脱炭素社会や再生可能エネルギー100%をめざす動きになっています。日本でもエネルギー政策(エネルギー基本計画)の見直しの議論が行われています。

ただ環境省、経産省、外務省と温度差、利害、考えが違い、国のエネルギー政策はどこを向いて進むのだろうか?と思います。

世界は自然エネルギー100%に向かっているのに、日本はどこに向かうのだろうか?

グローバル、グローバルと言いながら、狭いところで利権を守ろうしているようにしか思えません。

-環境, エネルギー, 未分類
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

駅前美化活動及び園田西武庫線

あまがさき環境オープンカレッジ 毎週木曜日朝 トングマン出動。 阪急塚口駅南側を重点的に清掃しました。 公園に廃棄自転車がありました。 廃棄自転車のカゴやまわりはゴミだらけになってしまいます。 誰かが …

緑の砂漠

クリスマスイブだというのに、丸尾さんと山に芝刈りに。 良質な緑茶で有名な和束町にて、 『和束町で豊かな森をつくろう』プロジェクト』 http://wazuka-forest.jimdo.com に参加 …

みんな元気になれたら

食への関心が高い方なら誰でも知っている若杉ばあちゃんとのツーショット。 若杉ばあちゃんこと若杉友子さんは、食養においては特に薬草料理の研究、伝道に携わられ、又、日本の気候風土に根差した知恵を多くの方に …

ちょっと気になりました

  今、建設が進む、母校『尼崎市立わかば西小学校』   東側の門が多くの自動車が出入りする自動車整備工場に隣接しています。   安全性を担保されているのでしょうか?

リベラル野党が共闘

    目指す政策は大きくは同じでありながら、それだけに分断対立してきたように思います。   最大公約数の志を同じくする5つの政党と政治団体が尼崎で結集しました。   武庫之荘駅北側、立憲民主党の街宣 …