環境 エネルギー 未分類

自然エネルギー100%に向かう世界と日本

投稿日:2018年2月18日

『自然エネルギー100%に向かう世界と日本』

パリ協定が発効し、世界的に脱炭素社会や再生可能エネルギー100%をめざす動きになっています。日本でもエネルギー政策(エネルギー基本計画)の見直しの議論が行われています。

ただ環境省、経産省、外務省と温度差、利害、考えが違い、国のエネルギー政策はどこを向いて進むのだろうか?と思います。

世界は自然エネルギー100%に向かっているのに、日本はどこに向かうのだろうか?

グローバル、グローバルと言いながら、狭いところで利権を守ろうしているようにしか思えません。

-環境, エネルギー, 未分類
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

あまっこエコチャレンジ

『あまっこエコライフチャレンジ ふりかえりと2018年計画の会』 世界的にこのまま温暖化が進むと人間が住めなくなるかもしれないという認識のもと、世界は脱炭素社会構築へ向けた動きを加速させています。 地 …

SDGsを学ぶ

  SDGs(Sustainable Development Goals)=持続可能な開発目標   国連加盟193カ国が2016年〜2030年の15年間で達成する行動計画です。   http://ww …

no image

経済格差

現代の格差は大変大きな問題で、簡単に解決できる方策を打ち出すことはなかなか困難に思われます。だけれども、できること、やるべきことはいくらでもあるのではないでしょうか? セーフティネットの確立、拡充とい …

参加しませんか? 立花駅美化活動

  おはようございます!   毎週恒例のJR立花駅周辺でトングマン。   今朝も拾いがいがありました。   ひとり気ままに拾ってきましたが、少しさみしいので、来年からはお仲間をお誘いしてみようかなって …

no image

持続可能な食スタイルとは何か?

  緑の党ひょうごの交流会で食と環境の関係を追ったドキュメンタリー映画『カウスピラシー』を観ることができました。 題名のCowsPiracy(カウスピラシー)はCow(牛)とConspira …