環境 エネルギー 未分類

自然エネルギー100%に向かう世界と日本

投稿日:2018年2月18日

『自然エネルギー100%に向かう世界と日本』

パリ協定が発効し、世界的に脱炭素社会や再生可能エネルギー100%をめざす動きになっています。日本でもエネルギー政策(エネルギー基本計画)の見直しの議論が行われています。

ただ環境省、経産省、外務省と温度差、利害、考えが違い、国のエネルギー政策はどこを向いて進むのだろうか?と思います。

世界は自然エネルギー100%に向かっているのに、日本はどこに向かうのだろうか?

グローバル、グローバルと言いながら、狭いところで利権を守ろうしているようにしか思えません。

-環境, エネルギー, 未分類
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

SDGsを学ぶ

  SDGs(Sustainable Development Goals)=持続可能な開発目標   国連加盟193カ国が2016年〜2030年の15年間で達成する行動計画です。   http://ww …

no image

経済格差

現代の格差は大変大きな問題で、簡単に解決できる方策を打ち出すことはなかなか困難に思われます。だけれども、できること、やるべきことはいくらでもあるのではないでしょうか? セーフティネットの確立、拡充とい …

本当にありがとうございます

    日付が変わる前に一言。   今日、誕生日を迎えることができました。   私の中では激動の一年でした。   これは多くの皆さまのお陰だと、感謝しています!   今日もたくさんの方にお祝いのメッセ …

ちょっと気になりました

  今、建設が進む、母校『尼崎市立わかば西小学校』   東側の門が多くの自動車が出入りする自動車整備工場に隣接しています。   安全性を担保されているのでしょうか? 関連

no image

『この世界の片隅に』 観ました

山の日、JR立花駅でいつもの美化活動。 その後、観に行きたくとも行けなかった『この世界の片隅に』を観にいきました。 72年前、戦争が終わるか終わらないかの時期にこの映画を観ることができました。 日常か …