食・農業

みんなのタネのこと 〜種子法廃止で何が起こるの?

投稿日:2018年2月10日

みんなのタネのこと 〜種子法廃止で何が起こるの?

本日、思った以上に多くの方にご参加いただき、うれしかった、とともにいろんなつながりもでき、希望が芽生えた講演会となりました。

種子法という1つの法律がこの4月1日に廃止されます。

それを契機に食べ物のことを考えるきっかけになったのではないでしょうか?

そもそも種子法ってなに?

食べ物に直結する種子を扱う種子法を十分な議論をほとんどされずに廃止していいのか?

農産品種の普及・育成の都道府県の役割と現状。

指定管理された農産物の生産と流通の現状。

在来固定種、伝統野菜の現状。

そういった話を聞きながら、食べ物が食品になり、大量生産・大量流通・大量消費の光と影を感じました。

外食・中食の占める割合が増え、そのニーズにあった農産物を生産する。
ニーズは規格と安さ。それに合わせるために農家も努力する。

国の指定作物を年間通じて途切れないように旬を無視して作る努力をする。

美味しさより市場流通に向くものを作るため、大量消費を支えるために、大規模流通そして大量生産のための大規模農園化。

立場を変えるとどちらが正しいのか?わからなくなりますが、食べ物を選択する意味と食卓の向こう側を知ることの大切さを感じた会となりました。

種子法はほとんど何の議論もなく、廃止されようとしています。
何を意味するのか?を考えたいと思います。

-食・農業
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

みんなで考えよう 中学校給食

もともと関心があったのですが、学校給食をこんなに考えたことはなかったように思います。   なぜならこれから10年後、50年後、100年後の尼崎の中学校給食のあり方が問われているからです。   尼崎市で …

『子ども食堂』の今in尼崎

居場所ってなんだろう?って思うことがあります。 安心できる、安全地帯なのかもしれません。 それが地域ぐるみで実現できることが理想です。 いまは点であっても、それがつながることが大切だと思っています。 …

『子どもの命を守る会・尼崎』さんの要望書

  『子どもの命を守る会・尼崎』さんの要望書提出に立ち会いました。   要望は、学校給食等の安全性対策と食品の放射能検査継続のお願い。   3.11以降、子どもたちの食べる学校給食は安心安全が第一と、 …

やさしい手話講座2回目を受講 他

    朝、園田地区会館にて、手話サークル『ふれあい』さんの、やさしい手話講座2回目を受講。   聴覚障がいの方々を交えての講座。 手話一つ一つに意味があり、気持ちや表情も大切。   手話の世界では私 …

給食センターを考える

  給食センターの画像を見て、すごいなと思う反面、違和感を感じました。   子どもたちの給食を作る場所というより、食品工場なのではないのかと。   持続可能な社会を考える上で、何があっても生きていくた …