食・農業

みんなのタネのこと 〜種子法廃止で何が起こるの?

投稿日:2018年2月10日

みんなのタネのこと 〜種子法廃止で何が起こるの?

本日、思った以上に多くの方にご参加いただき、うれしかった、とともにいろんなつながりもでき、希望が芽生えた講演会となりました。

種子法という1つの法律がこの4月1日に廃止されます。

それを契機に食べ物のことを考えるきっかけになったのではないでしょうか?

そもそも種子法ってなに?

食べ物に直結する種子を扱う種子法を十分な議論をほとんどされずに廃止していいのか?

農産品種の普及・育成の都道府県の役割と現状。

指定管理された農産物の生産と流通の現状。

在来固定種、伝統野菜の現状。

そういった話を聞きながら、食べ物が食品になり、大量生産・大量流通・大量消費の光と影を感じました。

外食・中食の占める割合が増え、そのニーズにあった農産物を生産する。
ニーズは規格と安さ。それに合わせるために農家も努力する。

国の指定作物を年間通じて途切れないように旬を無視して作る努力をする。

美味しさより市場流通に向くものを作るため、大量消費を支えるために、大規模流通そして大量生産のための大規模農園化。

立場を変えるとどちらが正しいのか?わからなくなりますが、食べ物を選択する意味と食卓の向こう側を知ることの大切さを感じた会となりました。

種子法はほとんど何の議論もなく、廃止されようとしています。
何を意味するのか?を考えたいと思います。

-食・農業
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

食 day

      『まあるい食卓』   みんなでクッキング! コロッケをみんなで作りました。     尼崎の三大在来種『田能いも』を守り育てていらっしゃる『自然と文化の森協会』さんの収穫祭。 田能いもがたっ …

中学校給食 パブリックコメント募集2

  久しぶりに給食を食べました😊   今、尼崎市では中学校給食の実施を検討しています。   給食の提供方法には、学校内で身近な場所で調理する『自校調理方式』   尼崎市の小学校では、比較的に質の高い自 …

『子ども食堂』の今in尼崎

今、尼崎市内には30ヶ所以上の『子ども食堂』『地域食堂』が運営されています。 でもそれぞれ、どんな人がどんな食堂をされているのか?わからなかったりします。 尼崎でがんばっている『いこいこ!庵』『まある …

まだまだ尼崎には知らない場所がいっぱいあります。

  先日、知人にご案内いただき、尼崎市立文化財収蔵庫で、綿花栽培から、糸を紡ぎ、染色までをしているグループがあるのを知りました。 染色に使う、藍、茜、小鮒草まで栽培していました。 伝統を紡ぐ、とても大 …

これからの『こども食堂』『地域食堂』を考えよう!

   食でつながるフェスタおおさか 〜これからの『こども食堂』『地域食堂』を考えよう!〜   子ども食堂や地域食堂を実践されている方、これから作ろうとしている方、自治体職員や社協の方、子ども食堂などに …