地域社会

企業と環境NPOの協働セミナー

投稿日:2018年1月30日

企業と環境NPOの協働セミナー。

地域の課題が多様化複雑化している中、行政だけでは課題解決が難しくなってきているように思います。

そこで協働という言葉をよく聞くようになりました。

協働が大切なことはわかりますが、縦割り組織ではなかなかうまくいかないことも多くあります。
縦割りにも意味があり、良い悪いでははかれないのですが、これからは横の連携がさらに必要になると思い、地域課題に取り組んでいるNPOや市民団体を積極的に支援している、セブンイレブンさんや阪神阪急さんの事例を聞かせていただきました。

協働のポイントは
*NPOとのゴールの共有
*成果の具体化(成果の共有)
*企業の支援を紹介(感謝・社会力)
*NPOとの協働を紹介
*持続可能な社会実現へつながるもの
*対等な立場
*共感
*ネットワークを駆使してつなぐ
*一緒に汗をかく
*みんなが楽しむ
*やる人、やらせる人をつくらない
*効果は全員のもの

協働のポイントは私自身も目標にしたいことばかりでした。

共通目標のもと、教育機関、行政、民間、企業、市民などなどが上下でなく、縦割りを超えて地域の課題を解決しあえる体制を創っていくのが夢です。

今日は様々な方々とつながることもできました。

ありがとうございました😊

-地域社会
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

尼崎教育フェスティバル2017 教育講演会

いっしょに生きる 楽しく生きる。 〜だれもが地域で豊かにくらすために〜   『尼崎教育フェスティバル2017』の教育講演会で、川崎市自閉症協会代表理事 明石洋子さんのお話を伺いました。   『苦労があ …

CITY REPAIR=まちを修繕する

全米NO1住みたい街ポートランド。   市民が個性を表現できる街ポートランド。   市民が主導した魅力ある街創りについて、辻かおりさんから学ぶ。   CITY REPAIR=まちを修繕する。   傾き …

地域食堂『まあるい食卓』

創設メンバーではないながら、できるだけ行ける日はボランティア参加させていただいています。 子どもの貧困率が6人に1人というデータが示された時に、どうゆう事?見えないところで何が起こっているのだろう? …

『子ども食堂』の今in尼崎

今、尼崎市内には30ヶ所以上の『子ども食堂』『地域食堂』が運営されています。 でもそれぞれ、どんな人がどんな食堂をされているのか?わからなかったりします。 尼崎でがんばっている『いこいこ!庵』『まある …

まちの課題解決に取り組む大学

園田学園女子大学・まちづくり解剖学 テーマはまちの課題解決に取り組む大学。 ①ポートランド州立大学のCBL(Community Based Learning)実践研修報告 ②COC(Center Of …