地域社会 教育 その他

まちの課題解決に取り組む大学

投稿日:2018年1月11日

園田学園女子大学・まちづくり解剖学

テーマはまちの課題解決に取り組む大学。
①ポートランド州立大学のCBL(Community Based Learning)実践研修報告
②COC(Center Of Community 地と知の拠点)効果と尼崎大学

の取り組みについて話を伺えました。

ポートランド州立大学の校訓は『知識を都市に給仕させよ』

全米でもっとも住みやすい街と言われるポートランド。
その街にある大学も積極的にまちに出て、一緒にまちの課題に取り組んでいます。
その取り組みが必修科目になっています。

フードバンク、ゴミ処理、オーガニック農園、女性のための農園(そこで収穫された、安全な野菜は妊婦さんに提供されています)、地域の子ども達の自然観察などなどが大学との連携授業になっています。

はじめはなんのための授業か?疑問に思う学生も次第に意味を見出だしていくといいます。
また学部間の垣根を超えて、自分の専門科目が他に影響しあうことに気づくといいます。

園田学園女子大学でも、まちに出る取り組みが選択科目から必修科目となるそうです。

大学の役割は『教育』『研究』『地域貢献』
現実的に学びたいことと関係ないとか、自分が住んでいる街でないのに、なんで尼崎のことを知らないといけないの?、将来のためになるの?とか疑問に思うこともあるかもしれませんが、街のこと、住んでる人のこと、そしてその課題を知ることは今はわからなくても、いつの日か役に立つ視点になると感じました。

まちに、まなびを、まきおこす!
尼崎では『みんなが先生、みんなが生徒、どこでも教室』
まち全体を大学に見立てたプロジェクト『みんなの尼崎大学』の学生を募集しています。

まなびを通じてまちづくりをし、さらに官民学が協働できる街にしていきたいと思いました。

ちょうど明日、1月12日(金)に『みんなの尼崎大学』の第15回目のオープンキャンパスがあります。
テーマは『アートと地域のいい関係』
よろしければお越しください。
https://www.facebook.com/events/299335313888708/?ti=icl

また、園田学園女子大学の取り組みについては、

つながりプロジェクト発表会2017
園田学園女子大学
1月20日(土)13:00〜17:00

園田学園女子大学・兵庫県立大学COC事業政策提言発表会
2月13日(火)
https://www.facebook.com/events/155555035083877/?ti=icl

などが開催されます。
併せてよろしくお願いいたします。

-地域社会, 教育 その他

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

共に生きる地域

    地域福祉政策(理論編) ①これからの福祉政策の方向性 ②政策立案の手法 公益社団法人かながわ福祉サービス振興会理事長 瀬戸恒彦氏に伺いました。         福祉における地方自治体の役割は大 …

『子ども食堂』の今in尼崎 及び 尼崎農業祭!

おはようございます☀   朝、JR立花駅周辺でトングマン。   今日も佳き一日でありますように。       尼崎フォーラム 子ども食堂と共生の街づくり 『子ども食堂』の今in尼崎   パネラーの端っ …

上を向いて

地域で暮らす人の幸福とは? 影響を受けた本が今日届きました。 尼崎市立中央図書館の蔵書の一冊です。 『47都道府県幸福度ランキング』 調査対象42中核市の中で尼崎市の幸福度は41番目。 上がるしかない …

『教育・子育て支援シンポジウム 〜 子ども達の選択肢を増やすには 〜 』に参加

    午後から、阪神尼崎駅前、NPO法人シンフォニーさん主催『教育・子育て支援シンポジウム 〜 子ども達の選択肢を増やすには 〜 』に参加しました。   多様性が叫ばれているのに画一な教育現場、そこ …

給食センターを考える

  給食センターの画像を見て、すごいなと思う反面、違和感を感じました。   子どもたちの給食を作る場所というより、食品工場なのではないのかと。   持続可能な社会を考える上で、何があっても生きていくた …