環境

尼崎21世紀の森

投稿日:2018年1月6日

尼崎21世紀の森。
尼崎の南部に森が育っています。

ここや元浜緑地で、毎月第1土曜日に『森のかいぎ』が開かれます。

久しぶりに参加させてもらいました。

いろんなメンバーも加わって、おもしろさがパワーアップ、楽しいひとときをすごせました。

森でしたいことが同時進行。
かいぎ終われば、蕎麦打ち、凧の作成、21世紀の森にある色あつめ。
などのワークショップ。

ここは実家から、まぁまぁご近所。

今年は尼崎の森づくりや森のかいぎにもう少し、積極的に関わってるいきたいと思います。

みなさまよろしくお願いいたします!

-環境
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

大地の再生 第1回都市環境サミット

  大地の再生  第1回都市環境サミット。   山、川、海は切っても切れない関係にあり、すべてはつながっていることを意識できました。   山村も漁村も都市も下流も上流も流域として考えていかないと生命の …

自然エネルギー100%に向かう世界と日本

『自然エネルギー100%に向かう世界と日本』 パリ協定が発効し、世界的に脱炭素社会や再生可能エネルギー100%をめざす動きになっています。日本でもエネルギー政策(エネルギー基本計画)の見直しの議論が行 …

憲法を考える  ~党派越えて~

昨日は立憲民主党の宣伝カーに乗りました。   宝塚では共産党の方々が兵庫第6選挙区の桜井シュウさん(立憲民主党)の名を連呼していました。   先ほどまで、ミナセン尼崎『市民と野党の対話集会』に参加して …

一般質問内容全文(平成29年12月 第3回定例会)

12月7日の一般質問内容の全文です。 緑のかけはし、山﨑憲一でございます。 第3回定例会において質問の機会をいただき感謝申し上げます。 <質問1-1> まず環境教育について質問させていただきます。 国 …

あまっこエコチャレンジ

『あまっこエコライフチャレンジ ふりかえりと2018年計画の会』 世界的にこのまま温暖化が進むと人間が住めなくなるかもしれないという認識のもと、世界は脱炭素社会構築へ向けた動きを加速させています。 地 …