地域社会 社会問題 その他 食・農業

地域食堂『まあるい食卓』

投稿日:2017年12月17日

創設メンバーではないながら、できるだけ行ける日はボランティア参加させていただいています。

子どもの貧困率が6人に1人というデータが示された時に、どうゆう事?見えないところで何が起こっているのだろう?
うちも貧困家庭に数えられているかも。

そして自分に何かできることはないだろうか?
と思っていた頃に出逢ったのが『まあるい食卓』でした。

たいした役には立ってませんが、今では何よりも、自分の居場所になっていることに氣づきました。

今日は少々バタバタしましたが、それもうれしく感じました。

子どもたちがおにぎりを握る姿、笑顔に癒されます。

  

子ども食堂、地域食堂の定義はいろいろありますが、続けること、誰かが来てくれることは自己満足を超えて、少しは意味のあることかもしれないなと思えました。
そもそも意味を考えなくてもいいかもしれないなと思ってしまったりします。

どうなんでしょうか?

-地域社会, 社会問題 その他, 食・農業
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

施設の管理・運用手法

ファシリティマネジメント。 不動産(土地、建物、構築物、設備など)すべてを経営にとって最適な状態(コスト最小、効果最大)で保有し、運営し、維持するための総合的な管理手法と定義され、企業や官公庁、営利・ …

日本知的障害者福祉協会 全国生産活動・就労支援部会 兵庫大会in尼崎

    日本知的障害者福祉協会 全国生産活動・就労支援部会 兵庫大会in尼崎に参加させていただきました。   テーマは農✖️福連携。 今、注目をあびつつある、農業と福祉の連携した取り組みについて詳しく …

食 day

      『まあるい食卓』   みんなでクッキング! コロッケをみんなで作りました。     尼崎の三大在来種『田能いも』を守り育てていらっしゃる『自然と文化の森協会』さんの収穫祭。 田能いもがたっ …

『子ども食堂』の今in尼崎

居場所ってなんだろう?って思うことがあります。 安心できる、安全地帯なのかもしれません。 それが地域ぐるみで実現できることが理想です。 いまは点であっても、それがつながることが大切だと思っています。 …

まだまだ尼崎には知らない場所がいっぱいあります。

  先日、知人にご案内いただき、尼崎市立文化財収蔵庫で、綿花栽培から、糸を紡ぎ、染色までをしているグループがあるのを知りました。 染色に使う、藍、茜、小鮒草まで栽培していました。 伝統を紡ぐ、とても大 …