地域社会 社会問題 その他 食・農業

地域食堂『まあるい食卓』

投稿日:2017年12月17日

創設メンバーではないながら、できるだけ行ける日はボランティア参加させていただいています。

子どもの貧困率が6人に1人というデータが示された時に、どうゆう事?見えないところで何が起こっているのだろう?
うちも貧困家庭に数えられているかも。

そして自分に何かできることはないだろうか?
と思っていた頃に出逢ったのが『まあるい食卓』でした。

たいした役には立ってませんが、今では何よりも、自分の居場所になっていることに氣づきました。

今日は少々バタバタしましたが、それもうれしく感じました。

子どもたちがおにぎりを握る姿、笑顔に癒されます。

  

子ども食堂、地域食堂の定義はいろいろありますが、続けること、誰かが来てくれることは自己満足を超えて、少しは意味のあることかもしれないなと思えました。
そもそも意味を考えなくてもいいかもしれないなと思ってしまったりします。

どうなんでしょうか?

-地域社会, 社会問題 その他, 食・農業
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

行政視察二日目 静岡県富士市

  久しぶりにきれいな富士山をのぞみました。    尼崎市経済環境市民委員会、行政視察二日目。   静岡県富士市を訪問しました。 テーマは地域の力こぶ増進計画に基づく取り組みについて。       富 …

高校内居場所カフェの実践

『子ども食堂』の今in尼崎 及び 尼崎農業祭!

おはようございます☀   朝、JR立花駅周辺でトングマン。   今日も佳き一日でありますように。       尼崎フォーラム 子ども食堂と共生の街づくり 『子ども食堂』の今in尼崎   パネラーの端っ …

いろいろな視点から考える自治体政策 初日

  いろいろな視点から考える自治体政策に参加しました。   『子どもの豊かな暮らしを創る   総合的な子育て支援』森田明美 東洋大学社会学部教授。   生きる意欲を創るのが福祉。   ・主体的に暮らす …

日本知的障害者福祉協会 全国生産活動・就労支援部会 兵庫大会in尼崎

    日本知的障害者福祉協会 全国生産活動・就労支援部会 兵庫大会in尼崎に参加させていただきました。   テーマは農✖️福連携。 今、注目をあびつつある、農業と福祉の連携した取り組みについて詳しく …