地域社会 社会問題 その他 食・農業

『子ども食堂』の今in尼崎

投稿日:2017年12月16日

今、尼崎市内には30ヶ所以上の『子ども食堂』『地域食堂』が運営されています。

でもそれぞれ、どんな人がどんな食堂をされているのか?わからなかったりします。
尼崎でがんばっている『いこいこ!庵』『まあるい食卓』『ほっとぷらっと』『子どものみらい尼崎』『ポノポノプレイス』の事例報告がありました。

それぞれ特徴のある取組みをされています。
共通項は何か自分たちにできることはないか!

私は参加している『まあるい食卓』について少し話をさせていただきました。

日本の子どもの貧困率が6人に1人だと知りショックを受け、どうゆうこと?子ども食堂ってなに?
自分にできることはないだろうか?と思っていた頃に出会ったのが『まあるい食卓』でした。

いつの間にか『まあるい食卓』は自分の居場所になっているんだなと今日氣づきました。

そうそう、ちょうど明日開催です。
ちょっと覗いてみませんか?
皆さまのお越しをお待ちしています!

https://www.facebook.com/events/522612464771900/?ti=icl

-地域社会, 社会問題 その他, 食・農業
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

子ども食堂『モコモコ倶楽部』

尼崎で一番新しい?子ども食堂『モコモコ倶楽部』さん。 なんと父の葬儀でお世話になった『元浜社会福祉連絡協議会 南会館』 先日の子ども食堂のシンポジウムで、出会い。 今日のぞいてきました。 中に入ると、 …

学校給食に「田能のさといも」

うれしいお知らせをいただきました。   『学校給食に田能のさといも』   消滅寸前だった尼崎の伝統野菜『田能のさといも』が一部の小学校ですが、学校給食に初めて提供されました!   存在は知っていたにも …

まだまだ尼崎には知らない場所がいっぱいあります。

  先日、知人にご案内いただき、尼崎市立文化財収蔵庫で、綿花栽培から、糸を紡ぎ、染色までをしているグループがあるのを知りました。 染色に使う、藍、茜、小鮒草まで栽培していました。 伝統を紡ぐ、とても大 …

地域の元気を公民館から創る

尼崎市から長野県飯田市に約半年、派遣研修に行っていた、桂山さんと前阪さんが帰ってきました! その話をどうしても聞きたくて、上坂部の西正寺さんに。 飯田市の公民館は日本一元気な公民館だと言われています。 …

これからの『こども食堂』『地域食堂』を考えよう!

   食でつながるフェスタおおさか 〜これからの『こども食堂』『地域食堂』を考えよう!〜   子ども食堂や地域食堂を実践されている方、これから作ろうとしている方、自治体職員や社協の方、子ども食堂などに …