地域社会 社会問題 その他 食・農業

『子ども食堂』の今in尼崎

投稿日:2017年12月16日

今、尼崎市内には30ヶ所以上の『子ども食堂』『地域食堂』が運営されています。

でもそれぞれ、どんな人がどんな食堂をされているのか?わからなかったりします。
尼崎でがんばっている『いこいこ!庵』『まあるい食卓』『ほっとぷらっと』『子どものみらい尼崎』『ポノポノプレイス』の事例報告がありました。

それぞれ特徴のある取組みをされています。
共通項は何か自分たちにできることはないか!

私は参加している『まあるい食卓』について少し話をさせていただきました。

日本の子どもの貧困率が6人に1人だと知りショックを受け、どうゆうこと?子ども食堂ってなに?
自分にできることはないだろうか?と思っていた頃に出会ったのが『まあるい食卓』でした。

いつの間にか『まあるい食卓』は自分の居場所になっているんだなと今日氣づきました。

そうそう、ちょうど明日開催です。
ちょっと覗いてみませんか?
皆さまのお越しをお待ちしています!

https://www.facebook.com/events/522612464771900/?ti=icl

-地域社会, 社会問題 その他, 食・農業
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

子ども食堂『モコモコ倶楽部』

尼崎で一番新しい?子ども食堂『モコモコ倶楽部』さん。 なんと父の葬儀でお世話になった『元浜社会福祉連絡協議会 南会館』 先日の子ども食堂のシンポジウムで、出会い。 今日のぞいてきました。 中に入ると、 …

中学校給食 パブリックコメント募集

尼崎市議会所属会派『緑のかけはし』で中核市 奈良市の中学校給食を視察してきました。   今、尼崎市では中学校給食の実施を検討しています。   給食方式には、中学校内で調理する『自校方式』、近隣の小学校 …

上を向いて

地域で暮らす人の幸福とは? 影響を受けた本が今日届きました。 尼崎市立中央図書館の蔵書の一冊です。 『47都道府県幸福度ランキング』 調査対象42中核市の中で尼崎市の幸福度は41番目。 上がるしかない …

いろいろな視点から考える自治体政策 初日

  いろいろな視点から考える自治体政策に参加しました。   『子どもの豊かな暮らしを創る   総合的な子育て支援』森田明美 東洋大学社会学部教授。   生きる意欲を創るのが福祉。   ・主体的に暮らす …

給食センターを考える

  給食センターの画像を見て、すごいなと思う反面、違和感を感じました。   子どもたちの給食を作る場所というより、食品工場なのではないのかと。   持続可能な社会を考える上で、何があっても生きていくた …