地域社会 社会問題 その他 食・農業

『子ども食堂』の今in尼崎

投稿日:2017年12月16日

今、尼崎市内には30ヶ所以上の『子ども食堂』『地域食堂』が運営されています。

でもそれぞれ、どんな人がどんな食堂をされているのか?わからなかったりします。
尼崎でがんばっている『いこいこ!庵』『まあるい食卓』『ほっとぷらっと』『子どものみらい尼崎』『ポノポノプレイス』の事例報告がありました。

それぞれ特徴のある取組みをされています。
共通項は何か自分たちにできることはないか!

私は参加している『まあるい食卓』について少し話をさせていただきました。

日本の子どもの貧困率が6人に1人だと知りショックを受け、どうゆうこと?子ども食堂ってなに?
自分にできることはないだろうか?と思っていた頃に出会ったのが『まあるい食卓』でした。

いつの間にか『まあるい食卓』は自分の居場所になっているんだなと今日氣づきました。

そうそう、ちょうど明日開催です。
ちょっと覗いてみませんか?
皆さまのお越しをお待ちしています!

https://www.facebook.com/events/522612464771900/?ti=icl

-地域社会, 社会問題 その他, 食・農業
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

みんなのタネのこと 〜種子法廃止で何が起こるの?

みんなのタネのこと 〜種子法廃止で何が起こるの? 本日、思った以上に多くの方にご参加いただき、うれしかった、とともにいろんなつながりもでき、希望が芽生えた講演会となりました。 種子法という1つの法律が …

尼崎教育フェスティバル2017 教育講演会

いっしょに生きる 楽しく生きる。 〜だれもが地域で豊かにくらすために〜   『尼崎教育フェスティバル2017』の教育講演会で、川崎市自閉症協会代表理事 明石洋子さんのお話を伺いました。   『苦労があ …

amaわんだーグラウン土

    昨年は大庄おもしろ広場で開催された『地べたフェス』の実行委員会が、今年は小田南公園で『amaわんだーグラウン土』を開催。   メッセージ性のある音にふれながら。   その中の企画、野外での『気 …

no image

持続可能な食スタイルとは何か?

  緑の党ひょうごの交流会で食と環境の関係を追ったドキュメンタリー映画『カウスピラシー』を観ることができました。 題名のCowsPiracy(カウスピラシー)はCow(牛)とConspira …

給食センターを考える

  給食センターの画像を見て、すごいなと思う反面、違和感を感じました。   子どもたちの給食を作る場所というより、食品工場なのではないのかと。   持続可能な社会を考える上で、何があっても生きていくた …