未分類

マネジメント

投稿日:2017年12月15日

12月15日、たまたま実家によると、父の命日でした。

父は当時、阪急ブレーブスファンでありながら、西武の広岡監督を評価していました。
管理野球。

その考えが理解できず、前半は真逆な道を選んだように思います。

私は管理に創造性を感じることができず、管理=マネジメントだと思っていました。
マネジメントよりリーダーシップに憧れを感じていました。

最初に就職した会社はマネジメントの父と言われているピータードラッカーに憧れた創業者が創った産業教育研修の会社でした。
会社の周年記念にピータードラッカーを呼んだぐらいの信奉者でした。

そこで私は初めてピータードラッカーを知りましたが、管理=マネジメントだと思っていたので、ここでも反発を感じてしまいました。
マネジメント=縛るものと思っていました。
推薦図書のピータードラッカー著『マネジメント』も真剣に読みませんでした。

最近になってやたら氣になり、目に飛び込んだ本が『ドラッカーに学ぶ公務員のためのマネジメント教科書』

ドラッカーは社会の中核組織として、成果をあげる活力のある公的組織の必要を説き『社会に貢献できる成果』をあげる基本と原則を著書『マネジメント』として明らかにし、マネジメントの成果とは、社会のために為すべき、組織の外で認められる、組織全体の組織であり、その成果を通じて社会を良くし、人の幸せに貢献するものとするとしています。

これをいまさらながら知り、ずいぶん遠回りをしたなと感じました。

成果があげづらくなっている自治体にとって、市民のために目的を明確に持ったマネジメントの重要性は高まるように思います。

今は、マネジメントのため中にリーダーシップもマーケティングもイノベーションも包含していると思っています。

遠回りしましたが、人生にムダはないですね。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

課題山積み

    12月の尼崎市議会定例会が間近に迫り、市民まつりやDV対策基本計画(素案)、小田地域振興センター、補正予算など、協議会案件。   尼崎市企業立地促進制度や工場緑化など、経済環境市民常任委員会に …

リベラル野党が共闘

    目指す政策は大きくは同じでありながら、それだけに分断対立してきたように思います。   最大公約数の志を同じくする5つの政党と政治団体が尼崎で結集しました。   武庫之荘駅北側、立憲民主党の街宣 …

no image

大庄まつり

大庄まつりにご招待いただきました。   尼崎市は、尼崎町、小田村、立花村、武庫村、大庄村、園田村、6つの町村が集まり成り立った歴史があり、今でも地区名として残っています。 土地のDNAが残っています。 …

no image

土地の記憶

今朝は、【あまがさき環境オープンカレッジ】 に参加。 阪急塚口駅南側周辺の美化活動をしました。 みんなで拾うと量が違います。 昼は大庄公民館  市民大学『崇徳天皇と尼崎 〜土地の記憶を伝承すること〜』 …

no image

『この世界の片隅に』 観ました

山の日、JR立花駅でいつもの美化活動。 その後、観に行きたくとも行けなかった『この世界の片隅に』を観にいきました。 72年前、戦争が終わるか終わらないかの時期にこの映画を観ることができました。 日常か …