地域社会 教育 その他 食・農業

『子ども食堂』の今in尼崎

投稿日:2017年12月13日

居場所ってなんだろう?って思うことがあります。

安心できる、安全地帯なのかもしれません。
それが地域ぐるみで実現できることが理想です。

いまは点であっても、それがつながることが大切だと思っています。

子どもとそこに暮らす方々のとりあえずの居場所『子ども食堂』『地域食堂』が尼崎に30ヶ所以上立ち上がっています。

その現状と取組みと課題を知ってもらえませんか?

『子ども食堂』の今in尼崎
12月16日(土)13時半から〜16時
園田学園2号館241号教室。

パネラーの一人として参加します。
よろしくお願いいたします。

 

参加している地域食堂『まあるい食卓』は今週日曜日12月17日です。

https://www.facebook.com/events/522612464771900/

こちらも是非、覗いてみてください。

-地域社会, 教育 その他, 食・農業
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

『子ども食堂』の今in尼崎

今、尼崎市内には30ヶ所以上の『子ども食堂』『地域食堂』が運営されています。 でもそれぞれ、どんな人がどんな食堂をされているのか?わからなかったりします。 尼崎でがんばっている『いこいこ!庵』『まある …

学校給食に「田能のさといも」

うれしいお知らせをいただきました。   『学校給食に田能のさといも』   消滅寸前だった尼崎の伝統野菜『田能のさといも』が一部の小学校ですが、学校給食に初めて提供されました!   存在は知っていたにも …

『子どもの命を守る会・尼崎』さんの要望書

  『子どもの命を守る会・尼崎』さんの要望書提出に立ち会いました。   要望は、学校給食等の安全性対策と食品の放射能検査継続のお願い。   3.11以降、子どもたちの食べる学校給食は安心安全が第一と、 …

給食センターを考える

  給食センターの画像を見て、すごいなと思う反面、違和感を感じました。   子どもたちの給食を作る場所というより、食品工場なのではないのかと。   持続可能な社会を考える上で、何があっても生きていくた …

尼崎市防災総合訓練

防災の日(9月1日)を前に、稲村市長を本部長とした『尼崎市防災総合訓練』が尼崎の100年の森で行われました。   平成29年8月31日(木)9時50分。 紀伊半島沖及び四国沖の海底を震源とするマグネチ …