地域社会 福祉

餅つき大会

投稿日:2017年12月9日

 

今朝もJR立花にて、トングマン。
いっぱい落ちてました!

そののち、

社会福祉法人あま〜ちさんで餅つき大会。

 

子どもも、障がい者も、みんな餅をつく。
おそるおそるつく子、おもいっきりつく子。

あんまり見なくなりましたね。
この風景。

やっぱり、つきたてはうまい!

-地域社会, 福祉
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ミーツ・ザ・福祉

    尼崎市では1982年より『市民福祉のつどい』というイベントが続いています。   今年は内容をリニューアルし、もっと素敵なものに、楽しいものに、よりつながれるものに、パワーアップして『ミーツ・ザ …

共に生きる地域

    地域福祉政策(理論編) ①これからの福祉政策の方向性 ②政策立案の手法 公益社団法人かながわ福祉サービス振興会理事長 瀬戸恒彦氏に伺いました。         福祉における地方自治体の役割は大 …

『みんなの尼崎大学』

大学に入学しました!   2017年10月7日 入学式でした。   その名は『みんなの尼崎大学』 特定の学舎はなく、教授もいません。     みんなが先生、みんなが生徒、どこでも教室。 まちに、まなび …

no image

飯田市への職員派遣について

新しい形の尼崎市議会決算特別委員会。 総務分科会を午前中に傍聴させていただきました。   前年の決算特別委員会を知らないため、比較はできませんが、各常任委員会が予算、進捗、決算のPDCAをチェック.審 …

いろいろな視点から考える自治体政策 初日

  いろいろな視点から考える自治体政策に参加しました。   『子どもの豊かな暮らしを創る   総合的な子育て支援』森田明美 東洋大学社会学部教授。   生きる意欲を創るのが福祉。   ・主体的に暮らす …