地域社会 福祉

餅つき大会

投稿日:2017年12月9日

 

今朝もJR立花にて、トングマン。
いっぱい落ちてました!

そののち、

社会福祉法人あま〜ちさんで餅つき大会。

 

子どもも、障がい者も、みんな餅をつく。
おそるおそるつく子、おもいっきりつく子。

あんまり見なくなりましたね。
この風景。

やっぱり、つきたてはうまい!

-地域社会, 福祉
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

あまがさきし地域福祉計画

いつもありがとうございます! 委員をさせていただいている『尼崎市社会保障審議会地域福祉専門分科会』の会議でした。 本年度から始まった尼崎市の『あまがさきし地域福祉計画』の点検、評価についてと、さらに連 …

尼崎市防災総合訓練

防災の日(9月1日)を前に、稲村市長を本部長とした『尼崎市防災総合訓練』が尼崎の100年の森で行われました。   平成29年8月31日(木)9時50分。 紀伊半島沖及び四国沖の海底を震源とするマグネチ …

no image

農業✖️福祉

  奈良県高取町にある障がい者就労支援センター『ポルテの森』さんに視察と交流とお手伝いに行ってきました。   ポルテの森さんは就労継続支援B型として無農薬の農園を経営しておられます。   今日は雑草に …

no image

「子どもの貧困」と「格差社会」

今日も長野で議員研修会。 午前中は分科会。 田川英信さんと大阪子どもの貧困アクショングループ NPO法人CPAOの徳丸ゆき子さんの『子どもの貧困と自治体のとりくみ』に参加させていただきました。   地 …

『子ども食堂』の今in尼崎

居場所ってなんだろう?って思うことがあります。 安心できる、安全地帯なのかもしれません。 それが地域ぐるみで実現できることが理想です。 いまは点であっても、それがつながることが大切だと思っています。 …