学校給食

中学校給食を考えてみる会を開催

投稿日:

昨日、中学校給食を考えてみる会を開催しました。
 
思ったより多くの方、様々な立場の方にお越しいただき、丸尾牧 兵庫県議、小村潤 尼崎市議にもご参加いただきました。
 
ありがとうございました!
 
様々なご意見をいただいた中、中学校給食の早期実現、保護者の方を含め市民に対する説明や意向を汲み取るプロセスに課題があることを共通認識しました。
 
また、中学校給食計画を含め、尼崎市にどのような計画があるのか、関心を持ってもらえるように、どう伝えたらいいのか、毎月、懇談会を開きたいと思いました。
 
考えるだけではダメで、具体的に動き、成果を出してください!との強い要望を受けました。
 
本当にその通りだと思います。
成果を意識して動きます。

-学校給食
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

中学校給食 パブリックコメント募集中

    秋深まり、冬に向かう尼崎。   だいぶ寒くなってきました。 皆さま、体調管理に氣をつけてください。   今日は専門知識のある市民の方に、学校現場の実際を伺うことができました。   鏡のように地 …

一般質問内容全文(平成29年12月 第3回定例会)

12月7日の一般質問内容の全文です。 緑のかけはし、山﨑憲一でございます。 第3回定例会において質問の機会をいただき感謝申し上げます。 <質問1-1> まず環境教育について質問させていただきます。 国 …

みんなで考えよう 中学校給食

もともと関心があったのですが、学校給食をこんなに考えたことはなかったように思います。   なぜならこれから10年後、50年後、100年後の尼崎の中学校給食のあり方が問われているからです。   尼崎市で …

学校給食に「田能のさといも」

うれしいお知らせをいただきました。   『学校給食に田能のさといも』   消滅寸前だった尼崎の伝統野菜『田能のさといも』が一部の小学校ですが、学校給食に初めて提供されました!   存在は知っていたにも …

給食センターを考える

  給食センターの画像を見て、すごいなと思う反面、違和感を感じました。   子どもたちの給食を作る場所というより、食品工場なのではないのかと。   持続可能な社会を考える上で、何があっても生きていくた …