地域社会 学校給食 食・農業

みんなで考えよう 中学校給食

投稿日:2017年11月30日

もともと関心があったのですが、学校給食をこんなに考えたことはなかったように思います。
 
なぜならこれから10年後、50年後、100年後の尼崎の中学校給食のあり方が問われているからです。
 
尼崎市で子育てをしている方、将来的にする人、地域に住んでいる方にとって、直接的にも、間接的にも関係することだと思っています。
 
尼崎市の中学校給食計画はかなり進んでいます。
 
でもそれを知っている方はどれだけいるいるのでしょうか?
 
私たち尼崎市民の中学生が食べる学校給食について少し考えたくなりました。
 
少なくとも中学校校区、希望をいえば小学校校区でコミュニティを形成するのがベストだと考えています。
 
食べものでつながるつながる地域を一緒に考えませんか?
 
尼崎市の小学校給食は以外とクォリティが高いのです。
 
 
 
<以下は、去る9月16日に川西市で行われた、中学校給食フォーラムの資料の一部です。>
 
 

-地域社会, 学校給食, 食・農業
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

これからの『こども食堂』『地域食堂』を考えよう!

   食でつながるフェスタおおさか 〜これからの『こども食堂』『地域食堂』を考えよう!〜   子ども食堂や地域食堂を実践されている方、これから作ろうとしている方、自治体職員や社協の方、子ども食堂などに …

NPO法人兵庫県健康管理士会の健康講座『ガン患者が家族にいるということ』

  NPO法人兵庫県健康管理士会の健康講座『ガン患者が家族にいるということ』   http://kencoh.com/   恩人のひとりである、松浦茂子さんが健康管理士会としては、最後の講演をされると …

高校内居場所カフェの実践

『子どもの命を守る会・尼崎』さんの要望書

  『子どもの命を守る会・尼崎』さんの要望書提出に立ち会いました。   要望は、学校給食等の安全性対策と食品の放射能検査継続のお願い。   3.11以降、子どもたちの食べる学校給食は安心安全が第一と、 …

いろいろな視点から考える自治体政策 初日

  いろいろな視点から考える自治体政策に参加しました。   『子どもの豊かな暮らしを創る   総合的な子育て支援』森田明美 東洋大学社会学部教授。   生きる意欲を創るのが福祉。   ・主体的に暮らす …