地域社会 学校給食 食・農業

みんなで考えよう 中学校給食

投稿日:2017年11月30日

もともと関心があったのですが、学校給食をこんなに考えたことはなかったように思います。
 
なぜならこれから10年後、50年後、100年後の尼崎の中学校給食のあり方が問われているからです。
 
尼崎市で子育てをしている方、将来的にする人、地域に住んでいる方にとって、直接的にも、間接的にも関係することだと思っています。
 
尼崎市の中学校給食計画はかなり進んでいます。
 
でもそれを知っている方はどれだけいるいるのでしょうか?
 
私たち尼崎市民の中学生が食べる学校給食について少し考えたくなりました。
 
少なくとも中学校校区、希望をいえば小学校校区でコミュニティを形成するのがベストだと考えています。
 
食べものでつながるつながる地域を一緒に考えませんか?
 
尼崎市の小学校給食は以外とクォリティが高いのです。
 
 
 
<以下は、去る9月16日に川西市で行われた、中学校給食フォーラムの資料の一部です。>
 
 

-地域社会, 学校給食, 食・農業
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

「子どもの貧困」と「格差社会」

今日も長野で議員研修会。 午前中は分科会。 田川英信さんと大阪子どもの貧困アクショングループ NPO法人CPAOの徳丸ゆき子さんの『子どもの貧困と自治体のとりくみ』に参加させていただきました。   地 …

ことはじめ会議@大庄

  オトナテラコヤ@大庄vol.1 https://www.facebook.com/events/141757426508995/?ti=icl 未来の尼崎の地域のかたちを模索するために長野県飯田市 …

中学校給食 パブリックコメント募集中

    秋深まり、冬に向かう尼崎。   だいぶ寒くなってきました。 皆さま、体調管理に氣をつけてください。   今日は専門知識のある市民の方に、学校現場の実際を伺うことができました。   鏡のように地 …

no image

「種子の知的所有権が奪われる」

「種子の知的所有権が奪われる」 【シェア大歓迎】   モンサント社がなぜバイエルの買収に応じたか。   事は複雑である。だが、種子支配という観点から見れば、実にシンプルになる。   世界の農業を牛耳る …

尼崎市防災総合訓練

防災の日(9月1日)を前に、稲村市長を本部長とした『尼崎市防災総合訓練』が尼崎の100年の森で行われました。   平成29年8月31日(木)9時50分。 紀伊半島沖及び四国沖の海底を震源とするマグネチ …