地域社会 学校給食 食・農業

みんなで考えよう 中学校給食

投稿日:2017年11月30日

もともと関心があったのですが、学校給食をこんなに考えたことはなかったように思います。
 
なぜならこれから10年後、50年後、100年後の尼崎の中学校給食のあり方が問われているからです。
 
尼崎市で子育てをしている方、将来的にする人、地域に住んでいる方にとって、直接的にも、間接的にも関係することだと思っています。
 
尼崎市の中学校給食計画はかなり進んでいます。
 
でもそれを知っている方はどれだけいるいるのでしょうか?
 
私たち尼崎市民の中学生が食べる学校給食について少し考えたくなりました。
 
少なくとも中学校校区、希望をいえば小学校校区でコミュニティを形成するのがベストだと考えています。
 
食べものでつながるつながる地域を一緒に考えませんか?
 
尼崎市の小学校給食は以外とクォリティが高いのです。
 
 
 
<以下は、去る9月16日に川西市で行われた、中学校給食フォーラムの資料の一部です。>
 
 

-地域社会, 学校給食, 食・農業
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

農業✖️福祉

  奈良県高取町にある障がい者就労支援センター『ポルテの森』さんに視察と交流とお手伝いに行ってきました。   ポルテの森さんは就労継続支援B型として無農薬の農園を経営しておられます。   今日は雑草に …

『子どもの命を守る会・尼崎』さんの要望書

  『子どもの命を守る会・尼崎』さんの要望書提出に立ち会いました。   要望は、学校給食等の安全性対策と食品の放射能検査継続のお願い。   3.11以降、子どもたちの食べる学校給食は安心安全が第一と、 …

地域食堂『まあるい食卓』

創設メンバーではないながら、できるだけ行ける日はボランティア参加させていただいています。 子どもの貧困率が6人に1人というデータが示された時に、どうゆう事?見えないところで何が起こっているのだろう? …

上を向いて

地域で暮らす人の幸福とは? 影響を受けた本が今日届きました。 尼崎市立中央図書館の蔵書の一冊です。 『47都道府県幸福度ランキング』 調査対象42中核市の中で尼崎市の幸福度は41番目。 上がるしかない …

共に生きる地域

    地域福祉政策(理論編) ①これからの福祉政策の方向性 ②政策立案の手法 公益社団法人かながわ福祉サービス振興会理事長 瀬戸恒彦氏に伺いました。         福祉における地方自治体の役割は大 …