学校給食 食・農業

学校給食に「田能のさといも」

投稿日:2017年11月28日

うれしいお知らせをいただきました。
 
『学校給食に田能のさといも』
 
消滅寸前だった尼崎の伝統野菜『田能のさといも』が一部の小学校ですが、学校給食に初めて提供されました!
 
存在は知っていたにもかかわらず、私も先日、恥ずかしながら初めてその美味しさに触れたばかりだったので、そのニュースにうれしさを隠せませんでした。
 
現在では同じ畑で連作に適さず収穫量が少なく、栽培農家が減少し、15年前には一軒だけとなっていたのを市民団体『自然と文化の森協会』さんが守り育てて、ようやく100kg収穫できるようになり、小学校42校中9校に提供できたとのこと。
 
全小中学生に将来的には食べて欲しい『田能のさといも』ですが、地域の特性を活かせる、小回りのきく学校給食を実現できるのは、各学校に調理室を持つ自校調理方式のなせる技だなと改めて感じました。
 
尼崎市では、中学校給食が検討されています。
その計画『尼崎市中学校給食基本計画(素案)について、パブリックコメント(広く公に=パブリック、意見・情報・改善案など=コメント)を12月8日(金)まで募集しています。
 
 
成長期の中学生の体を作る食事のこと、食育のことなどを、せっかくの機会なので一緒に考えたり、給食基本計画についてお伝えしたいと思い、懇談会を開催させていただくこととなりました。
 
よろしくお願いいたします!
 
『尼崎市中学校給食計画市民懇談会』
日時*12月2日(土)13時30分〜15時
会場*アトリエそら
           尼崎市水堂町1−6−2(福住公園北隣)
参加費*無料
連絡先*090(3262)2163  (山﨑)

-学校給食, 食・農業
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

持続可能な食スタイルとは何か?

  緑の党ひょうごの交流会で食と環境の関係を追ったドキュメンタリー映画『カウスピラシー』を観ることができました。 題名のCowsPiracy(カウスピラシー)はCow(牛)とConspira …

no image

中学校給食を考えてみる会を開催

昨日、中学校給食を考えてみる会を開催しました。   思ったより多くの方、様々な立場の方にお越しいただき、丸尾牧 兵庫県議、小村潤 尼崎市議にもご参加いただきました。   ありがとうございました!   …

これからの『こども食堂』『地域食堂』を考えよう!

   食でつながるフェスタおおさか 〜これからの『こども食堂』『地域食堂』を考えよう!〜   子ども食堂や地域食堂を実践されている方、これから作ろうとしている方、自治体職員や社協の方、子ども食堂などに …

映画紹介 『エディブルシティ』

  草のねmeet。 都市を耕そう!『エディブルシティ』         大阪の北加賀屋にある『みんな農園』さんで初めて観た時に魂を揺さぶられて、勇気をもらえた映画です。   感じかたはそれぞれだと思 …

やさしい手話講座2回目を受講 他

    朝、園田地区会館にて、手話サークル『ふれあい』さんの、やさしい手話講座2回目を受講。   聴覚障がいの方々を交えての講座。 手話一つ一つに意味があり、気持ちや表情も大切。   手話の世界では私 …