学校給食 食・農業

『子どもの命を守る会・尼崎』さんの要望書

投稿日:2017年11月28日

 
『子どもの命を守る会・尼崎』さんの要望書提出に立ち会いました。
 
要望は、学校給食等の安全性対策と食品の放射能検査継続のお願い。
 
3.11以降、子どもたちの食べる学校給食は安心安全が第一と、毎年尼崎市に要望書を提出されています。
 
月日が経つにつれ、関心が薄れていく中、第7回目の要望書提出です。
 
厚労省が発表している日報をチェックしたレポートに、120Bq/kgを超える農産物がいまだに流通してしまっている現状を知りました。
 
誰かが声をあげ続けていないと、なしくずしになってしまうのかもしれません。
 
いろんな形で、尼崎の学校給食を守ってくれている方々がいる!
とても頼もしくもあり、そのご苦労に頭が下がりました。
メンバーのおひとりとは以前、前職でお会いしていた方で、なんと小学校の同級生の奥さんだったことを今日知り、びっくりしました。
 
小さなお子さんを連れて来られていました。
学校にあがった時、尼崎の学校給食が誇れるものでありますように、すべての人で守っていけたらと思いました。
 
尼崎市では、中学校給食が検討されています。
その計画『尼崎市中学校給食基本計画(素案)について、パブリックコメント(広く公に=パブリック、意見・情報・改善案など=コメント)を12月8日(金)まで募集しています。
 
成長期の中学生の体を作る食事のこと、食育のことなどを、せっかくの機会なので一緒に考えたり、給食基本計画についてお伝えしたいと思い、懇談会を開催することにしました。
 
よろしくお願いいたします!
 
『尼崎市中学校給食計画市民懇談会』
日時*12月2日(土)13時30分〜15時
会場*アトリエそら
           尼崎市水堂町1−6−2(福住公園北隣)
参加費*無料
連絡先*090(3262)2163  (山﨑)

-学校給食, 食・農業
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

『フードポリシー カウンシル』

9月の第3日曜日、関わっていた事柄が台風の影響ですべて中止になりました。   予測不能な状況でのリスク回避。 自然を相手に判断することの難しさを感じました。状況に対する想像力、判断力が防災にもつながる …

no image

中学校給食を考えてみる会を開催

昨日、中学校給食を考えてみる会を開催しました。   思ったより多くの方、様々な立場の方にお越しいただき、丸尾牧 兵庫県議、小村潤 尼崎市議にもご参加いただきました。   ありがとうございました!   …

『子ども食堂』の今in尼崎

今、尼崎市内には30ヶ所以上の『子ども食堂』『地域食堂』が運営されています。 でもそれぞれ、どんな人がどんな食堂をされているのか?わからなかったりします。 尼崎でがんばっている『いこいこ!庵』『まある …

地域食堂『まあるい食卓』

創設メンバーではないながら、できるだけ行ける日はボランティア参加させていただいています。 子どもの貧困率が6人に1人というデータが示された時に、どうゆう事?見えないところで何が起こっているのだろう? …

給食センターを考える

  給食センターの画像を見て、すごいなと思う反面、違和感を感じました。   子どもたちの給食を作る場所というより、食品工場なのではないのかと。   持続可能な社会を考える上で、何があっても生きていくた …