食・農業

まだまだ尼崎には知らない場所がいっぱいあります。

投稿日:2017年11月23日

 
先日、知人にご案内いただき、尼崎市立文化財収蔵庫で、綿花栽培から、糸を紡ぎ、染色までをしているグループがあるのを知りました。
染色に使う、藍、茜、小鮒草まで栽培していました。
伝統を紡ぐ、とても大切な取り組みだと思います。
  
 
まだまだ尼崎には知らない場所がいっぱいあります。
 
 
醤油造りは、かつては江戸時代から続く尼崎の地場産業でした。
生揚げ醤油と呼ばれた尼崎の醤油造りは大物を中心に15の蔵があり、尼崎の特産品として栄えていたことを知りました。
 
生揚げ醤油とは、とりあえず「もろみを搾って(圧搾)得た液体」を【生揚げ-キアゲ】と呼びます。
で、それを加熱(火入れ)したものが【醤油】です。
 
今、尼崎しょうゆ部で醤油造りにチャレンジしています。
 
来年はもっと拡がればと願っています。

-食・農業
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

みんなのタネのこと 〜種子法廃止で何が起こるの?

みんなのタネのこと 〜種子法廃止で何が起こるの? 本日、思った以上に多くの方にご参加いただき、うれしかった、とともにいろんなつながりもでき、希望が芽生えた講演会となりました。 種子法という1つの法律が …

『てんこもり物産展inあまがさき』初日

『てんこもり物産展inあまがさき』   うまいもんといろいろと出会えました!   明日も9時30分〜15時まで、阪神尼崎駅前で開催です。   関連

子ども食堂『モコモコ倶楽部』

尼崎で一番新しい?子ども食堂『モコモコ倶楽部』さん。 なんと父の葬儀でお世話になった『元浜社会福祉連絡協議会 南会館』 先日の子ども食堂のシンポジウムで、出会い。 今日のぞいてきました。 中に入ると、 …

no image

「種子の知的所有権が奪われる」

「種子の知的所有権が奪われる」 【シェア大歓迎】   モンサント社がなぜバイエルの買収に応じたか。   事は複雑である。だが、種子支配という観点から見れば、実にシンプルになる。   世界の農業を牛耳る …

学校給食に「田能のさといも」

うれしいお知らせをいただきました。   『学校給食に田能のさといも』   消滅寸前だった尼崎の伝統野菜『田能のさといも』が一部の小学校ですが、学校給食に初めて提供されました!   存在は知っていたにも …