学校給食 緑のかけはし 食・農業

中学校給食 パブリックコメント募集

投稿日:2017年11月20日

尼崎市議会所属会派『緑のかけはし』で中核市 奈良市の中学校給食を視察してきました。
 
今、尼崎市では中学校給食の実施を検討しています。
 
給食方式には、中学校内で調理する『自校方式』、近隣の小学校の調理室で一緒に作ってもらい、中学校に配送してもらう『親子方式』、1ヶ所の大工場(尼崎の場合、毎日1万1千食)で作り配送する『給食センター方式』があります。
 
給食は中学生が平等に食べることのできる唯一の食事となります。
食育の重要性が増している中、格差が広がっている中、中学校給食の重要性は高まっています。
 
中学生の心と体の健全な成長にとって、一番相応しい中学校給食方式はどの方式でしょうか?
 
あなたの街にある中学校の給食はどの方式がいいでしょうか?
 
あなたのお子さんやお孫さん、また近所の中学生の子どもたちに食べさせたい給食はどの方式ですか?
 
それぞれの中学校給食方式には、当然メリットとデメリットがあります。
 
誰のための中学校給食なのか?の視点を持ちつつ、メリット、デメリットをしっかり説明して、もっと市民の声を聞く努力が必要なのではないかと感じています。
 
尼崎市では、1ヶ所で、毎日1万1千食を作る給食センターを早くて5年後、平成34年6月以降に稼働させるという『尼崎市中学校給食基本計画(素案)』をまとめ、現在、市民の皆さまに意見を聞くパブリックコメントを募集しています。
 
私はこの計画でいいのか?
疑問に思っています。
 
募集期間は12月8日までです。
 
奈良市では平成23年10月4日に『奈良市中学校給食導入検討委員会』が報告書をまとめました。
 
実施方式は全校 自校調理方式。
 
その後5年間で全校実施。
 
段階的に実施することに対するクレームはほとんどなかったとのことでした。
 
自校調理方式、親子方式、給食センター方式、どの方式で作られた食事を食べたいでしょうか?
皆さまのご意見をパブリックコメントという形で、お寄せいただけませんか?
 
よろしくお願いいたします!
 

-学校給食, 緑のかけはし, 食・農業
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

平成30年度議案説明

第4回尼崎市議会定例会が近づいてきました。 本日は定例会に提出される予定案件58件及び平成30年度主要事業、予算の概要について約4時間説明を受けました。 しっかりと読み込みこんで、準備します。 関連

no image

農業✖️福祉

  奈良県高取町にある障がい者就労支援センター『ポルテの森』さんに視察と交流とお手伝いに行ってきました。   ポルテの森さんは就労継続支援B型として無農薬の農園を経営しておられます。   今日は雑草に …

no image

うまいもんと出会える2日間 ~全国障がい福祉物産展~

のうふくれんけい(農福連携)べんきょうかいvol3   兵庫の6次化プランナーであり、いろんなマルシェを手がけている谷町空庭のやまうちさんが、ちょっと力を入れている農福連携。   私も関心を持って勉強 …

大庄北中学校育友会主催『中学校給食の出前講座』

大庄北中学校育友会主催『中学校給食の出前講座』に呼んでいただきました。 実は大庄北中は娘の母校、再び入れて懐かしい! 教育委員会中学校担当課の皆さまには丁寧に説明いただきました。 そもそも、尼崎市中学 …

給食センターを考える

  給食センターの画像を見て、すごいなと思う反面、違和感を感じました。   子どもたちの給食を作る場所というより、食品工場なのではないのかと。   持続可能な社会を考える上で、何があっても生きていくた …