食・農業

食 day

投稿日:2017年11月19日

 
 
 
『まあるい食卓』
 
みんなでクッキング!
コロッケをみんなで作りました。
 
 
尼崎の三大在来種『田能いも』を守り育てていらっしゃる『自然と文化の森協会』さんの収穫祭。
田能いもがたっぷり入った、のっぺい汁に心もあったまりました。
 
 
 
 
 
尼崎しょうゆ部。

 
部員として、猪名川と武庫川の流域で交流しながら、尼崎で醤油を作っています。
 
大豆と小麦を仕込み、樽の天(表面)と地(底)を丁寧に返していく天地返し。
 
5月から毎月おこなってきた天地返しも今日が最後でした。
 
来年には、絞り師さんに絞っていただき醤油となります。
 
もう十分いい香り!
 
 
友人のひでさんとその仲間たちで立ち上げた『NPO法人はち』のお披露目会in大阪中崎町。
 
 
 
中崎町は生協のチームリーダーをしていた頃の担当地域でした。
濃厚な街というイメージを持っています。
 
予想以上に多くの方々にお越しいただき盛会でした。
うれしく思うとともに、ひでさんの人柄を感じました。
 
会場はSalon de AManTo天人グループのMINTO。
代表のJUNさんの友情トーク。
 
Think Globlly、Act Locally よりも いきなりAct Locally、Act Locally、Change the World。
 
世界の課題は身近にある。
 
地域の問題を解決することが未来につながる。
 
とても共感できました。

-食・農業
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

『子ども食堂』の今in尼崎

今、尼崎市内には30ヶ所以上の『子ども食堂』『地域食堂』が運営されています。 でもそれぞれ、どんな人がどんな食堂をされているのか?わからなかったりします。 尼崎でがんばっている『いこいこ!庵』『まある …

給食センターを考える

  給食センターの画像を見て、すごいなと思う反面、違和感を感じました。   子どもたちの給食を作る場所というより、食品工場なのではないのかと。   持続可能な社会を考える上で、何があっても生きていくた …

『子ども食堂』の今in尼崎

居場所ってなんだろう?って思うことがあります。 安心できる、安全地帯なのかもしれません。 それが地域ぐるみで実現できることが理想です。 いまは点であっても、それがつながることが大切だと思っています。 …

no image

「種子の知的所有権が奪われる」

「種子の知的所有権が奪われる」 【シェア大歓迎】   モンサント社がなぜバイエルの買収に応じたか。   事は複雑である。だが、種子支配という観点から見れば、実にシンプルになる。   世界の農業を牛耳る …

学校給食に「田能のさといも」

うれしいお知らせをいただきました。   『学校給食に田能のさといも』   消滅寸前だった尼崎の伝統野菜『田能のさといも』が一部の小学校ですが、学校給食に初めて提供されました!   存在は知っていたにも …