地域社会 食・農業

これからの『こども食堂』『地域食堂』を考えよう!

投稿日:2017年11月18日

   食でつながるフェスタおおさか
〜これからの『こども食堂』『地域食堂』を考えよう!〜
 
子ども食堂や地域食堂を実践されている方、これから作ろうとしている方、自治体職員や社協の方、子ども食堂などに関心のある方々でいっぱいでした。
 
さまざまな工夫や悩み、自治体の取り組みを聞けて参考になりました。
 
パネラーの方々が共通で言っておられたのは、
『長続きのコツは肩の力を抜くこと。』
なるほど。
 
そうそう、明日11月19日(日)11時より、地域食堂『まあるい食卓』開店です。
よろしければお越しください。
 
尼崎では知らないうちに30ヶ所を超える子ども食堂や地域食堂ができています。
 
12月16日(土)には『子ども食堂の今 in尼崎』と題してシンポジウムも開催されます。
 
 
皆さまのお越しをお待ちしております。
よろしくお願いいたします。

-地域社会, 食・農業
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

持続可能な食スタイルとは何か?

  緑の党ひょうごの交流会で食と環境の関係を追ったドキュメンタリー映画『カウスピラシー』を観ることができました。 題名のCowsPiracy(カウスピラシー)はCow(牛)とConspira …

企業と環境NPOの協働セミナー

企業と環境NPOの協働セミナー。 地域の課題が多様化複雑化している中、行政だけでは課題解決が難しくなってきているように思います。 そこで協働という言葉をよく聞くようになりました。 協働が大切なことはわ …

行政視察二日目 静岡県富士市

  久しぶりにきれいな富士山をのぞみました。    尼崎市経済環境市民委員会、行政視察二日目。   静岡県富士市を訪問しました。 テーマは地域の力こぶ増進計画に基づく取り組みについて。       富 …

『子ども食堂』の今in尼崎

今、尼崎市内には30ヶ所以上の『子ども食堂』『地域食堂』が運営されています。 でもそれぞれ、どんな人がどんな食堂をされているのか?わからなかったりします。 尼崎でがんばっている『いこいこ!庵』『まある …

地域食堂『まあるい食卓』

創設メンバーではないながら、できるだけ行ける日はボランティア参加させていただいています。 子どもの貧困率が6人に1人というデータが示された時に、どうゆう事?見えないところで何が起こっているのだろう? …