地域社会 福祉

共に生きる地域

投稿日:2017年11月17日

 
 
地域福祉政策(理論編)
①これからの福祉政策の方向性
②政策立案の手法
公益社団法人かながわ福祉サービス振興会理事長 瀬戸恒彦氏に伺いました。
 
 
 
 
福祉における地方自治体の役割は大きく、ますます少子高齢化が進む中、このままいくと、さらに課題が深くなっていくことが予想されます。
 
理想は、
・地域包括ケアシステムの深化、『地域共生社会』の実現
高齢者・障がい者・子どもなど、すべての人々が、1人ひとりの暮らしと生きがいを、ともに創り、高め合う『地域共生社会』の実現。
 
共に生きる地域。
 
対象者ごとの福祉サービスを『タテワリ』から『まるごと』へ転換。
 
ハードルは高いけれど、本当に創ろうと思わないとできない。
 
日々、地域でがんばっておられる方々の顔が思い浮かびました。
 
参加と連携がこれからますます重要になってきます。
 
自分なりに何ができるか?考え続けていきたいと思います。

-地域社会, 福祉
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

『尼崎市手話言語条例』可決

尼崎市議会第3回定例会、全ての審議を終了しました。 各常任委員会に付託された議案、総合計画についての審査の概要と結果が報告されました。 その中で本日『尼崎市手話言語条例』が全会一致で可決されました。 …

no image

飯田市への職員派遣について

新しい形の尼崎市議会決算特別委員会。 総務分科会を午前中に傍聴させていただきました。   前年の決算特別委員会を知らないため、比較はできませんが、各常任委員会が予算、進捗、決算のPDCAをチェック.審 …

『てんこもり物産展inあまかさき(全国障がい福祉物産展)』

  明日から2日間、11月9日(木)・10日(金)阪神尼崎駅前で『てんこもり物産展inあまかさき(全国障がい福祉物産展)』うまいもんと出会える2日間が開催されます。   尼崎開催です。 是非、是非、是 …

これからの『こども食堂』『地域食堂』を考えよう!

   食でつながるフェスタおおさか 〜これからの『こども食堂』『地域食堂』を考えよう!〜   子ども食堂や地域食堂を実践されている方、これから作ろうとしている方、自治体職員や社協の方、子ども食堂などに …

『子ども食堂』の今in尼崎

今、尼崎市内には30ヶ所以上の『子ども食堂』『地域食堂』が運営されています。 でもそれぞれ、どんな人がどんな食堂をされているのか?わからなかったりします。 尼崎でがんばっている『いこいこ!庵』『まある …