地域社会 福祉

共に生きる地域

投稿日:2017年11月17日

 
 
地域福祉政策(理論編)
①これからの福祉政策の方向性
②政策立案の手法
公益社団法人かながわ福祉サービス振興会理事長 瀬戸恒彦氏に伺いました。
 
 
 
 
福祉における地方自治体の役割は大きく、ますます少子高齢化が進む中、このままいくと、さらに課題が深くなっていくことが予想されます。
 
理想は、
・地域包括ケアシステムの深化、『地域共生社会』の実現
高齢者・障がい者・子どもなど、すべての人々が、1人ひとりの暮らしと生きがいを、ともに創り、高め合う『地域共生社会』の実現。
 
共に生きる地域。
 
対象者ごとの福祉サービスを『タテワリ』から『まるごと』へ転換。
 
ハードルは高いけれど、本当に創ろうと思わないとできない。
 
日々、地域でがんばっておられる方々の顔が思い浮かびました。
 
参加と連携がこれからますます重要になってきます。
 
自分なりに何ができるか?考え続けていきたいと思います。

-地域社会, 福祉
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

フクシマの現状に触れて思うこと

いつもありがとうございます! 本日は、【さいなら原発 尼崎住民の会】が主催の『いわき市から兵庫へ 〜避難者のリアル〜』に参加させていただきました。 3.11後、福島県いわき市より兵庫に避難された方の話 …

no image

ほっとひと息の一日

嵐の前の雨。 あるはずの大切な予定がなくなってしまいました。   が、毎月第3土曜日朝は『大庄ことはじめかいぎ』 大庄公民館を舞台にやりたいことをみんなで育てるコミュニティです。   昨年から大庄公民 …

『てんこもり物産展inあまがさき』初日

『てんこもり物産展inあまがさき』   うまいもんといろいろと出会えました!   明日も9時30分〜15時まで、阪神尼崎駅前で開催です。  

尼崎教育フェスティバル2017 教育講演会

いっしょに生きる 楽しく生きる。 〜だれもが地域で豊かにくらすために〜   『尼崎教育フェスティバル2017』の教育講演会で、川崎市自閉症協会代表理事 明石洋子さんのお話を伺いました。   『苦労があ …

『子ども食堂』の今in尼崎

居場所ってなんだろう?って思うことがあります。 安心できる、安全地帯なのかもしれません。 それが地域ぐるみで実現できることが理想です。 いまは点であっても、それがつながることが大切だと思っています。 …