地域社会 福祉

共に生きる地域

投稿日:2017年11月17日

 
 
地域福祉政策(理論編)
①これからの福祉政策の方向性
②政策立案の手法
公益社団法人かながわ福祉サービス振興会理事長 瀬戸恒彦氏に伺いました。
 
 
 
 
福祉における地方自治体の役割は大きく、ますます少子高齢化が進む中、このままいくと、さらに課題が深くなっていくことが予想されます。
 
理想は、
・地域包括ケアシステムの深化、『地域共生社会』の実現
高齢者・障がい者・子どもなど、すべての人々が、1人ひとりの暮らしと生きがいを、ともに創り、高め合う『地域共生社会』の実現。
 
共に生きる地域。
 
対象者ごとの福祉サービスを『タテワリ』から『まるごと』へ転換。
 
ハードルは高いけれど、本当に創ろうと思わないとできない。
 
日々、地域でがんばっておられる方々の顔が思い浮かびました。
 
参加と連携がこれからますます重要になってきます。
 
自分なりに何ができるか?考え続けていきたいと思います。

-地域社会, 福祉
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

『てんこもり物産展inあまかさき(全国障がい福祉物産展)』

  明日から2日間、11月9日(木)・10日(金)阪神尼崎駅前で『てんこもり物産展inあまかさき(全国障がい福祉物産展)』うまいもんと出会える2日間が開催されます。   尼崎開催です。 是非、是非、是 …

企業と環境NPOの協働セミナー

企業と環境NPOの協働セミナー。 地域の課題が多様化複雑化している中、行政だけでは課題解決が難しくなってきているように思います。 そこで協働という言葉をよく聞くようになりました。 協働が大切なことはわ …

開かれた議会

本日はJR立花駅周辺の美化活動からスタート。   その後、宝塚へ。 毎日見てませんが道の状態が違うと実感。   宝塚市議会第6回意見交換会に朝10時〜16時まで傍聴させていただきました。   議会が主 …

『子ども食堂』の今in尼崎

今、尼崎市内には30ヶ所以上の『子ども食堂』『地域食堂』が運営されています。 でもそれぞれ、どんな人がどんな食堂をされているのか?わからなかったりします。 尼崎でがんばっている『いこいこ!庵』『まある …

no image

フクシマの現状に触れて思うこと

いつもありがとうございます! 本日は、【さいなら原発 尼崎住民の会】が主催の『いわき市から兵庫へ 〜避難者のリアル〜』に参加させていただきました。 3.11後、福島県いわき市より兵庫に避難された方の話 …