地域社会 環境

CITY REPAIR=まちを修繕する

投稿日:2017年11月16日

全米NO1住みたい街ポートランド。
 
市民が個性を表現できる街ポートランド。
 
市民が主導した魅力ある街創りについて、辻かおりさんから学ぶ。
 
CITY REPAIR=まちを修繕する。
 
傾きかけた平凡な街を全米NO1住みたい街に創り変えたのは、一等地に経済優先の再開発計画に市民がこんな街にしたいんだ!憩える場所を、ホッとできる場を創りたいんだ!という声からでした。
 
それが大きなうねりとなり、市長が代わり、市民が望む憩いの場が実現しました。
ここは小さく大きい社会変革の場となりました。
 
私たちの望む街創りとは何か?
住民が幸せを感じる街づくりは、住民が考え、行動し、行政は寄り添える型ちがいいのではと感じました。
 
 
 

-地域社会, 環境
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ミーツ・ザ・福祉

    尼崎市では1982年より『市民福祉のつどい』というイベントが続いています。   今年は内容をリニューアルし、もっと素敵なものに、楽しいものに、よりつながれるものに、パワーアップして『ミーツ・ザ …

給食センターを考える

  給食センターの画像を見て、すごいなと思う反面、違和感を感じました。   子どもたちの給食を作る場所というより、食品工場なのではないのかと。   持続可能な社会を考える上で、何があっても生きていくた …

no image

「子どもの貧困」と「格差社会」

今日も長野で議員研修会。 午前中は分科会。 田川英信さんと大阪子どもの貧困アクショングループ NPO法人CPAOの徳丸ゆき子さんの『子どもの貧困と自治体のとりくみ』に参加させていただきました。   地 …

一日中『ミーツ ザ 福祉』

    実行委員会の体験チームに参加させていただき、『運動会をしよう』のお手伝い。 子どもたち、大人たちや障がいを持った方がチームを組んでのリレーなど、助け合いながらの運動会。 てんやわんやしながらも …

no image

クリーン活動にはまる

尼崎を良くしていくために、私に何ができるだろうか? そう考えているとき、ふと思い出したのは、【ニューヨークの地下鉄の落書きを消すことで犯罪が減ったというお話。当時の市長が治安を良くするために落書きを消 …