地域社会 環境

CITY REPAIR=まちを修繕する

投稿日:2017年11月16日

全米NO1住みたい街ポートランド。
 
市民が個性を表現できる街ポートランド。
 
市民が主導した魅力ある街創りについて、辻かおりさんから学ぶ。
 
CITY REPAIR=まちを修繕する。
 
傾きかけた平凡な街を全米NO1住みたい街に創り変えたのは、一等地に経済優先の再開発計画に市民がこんな街にしたいんだ!憩える場所を、ホッとできる場を創りたいんだ!という声からでした。
 
それが大きなうねりとなり、市長が代わり、市民が望む憩いの場が実現しました。
ここは小さく大きい社会変革の場となりました。
 
私たちの望む街創りとは何か?
住民が幸せを感じる街づくりは、住民が考え、行動し、行政は寄り添える型ちがいいのではと感じました。
 
 
 

-地域社会, 環境
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

『子ども食堂』の今in尼崎

居場所ってなんだろう?って思うことがあります。 安心できる、安全地帯なのかもしれません。 それが地域ぐるみで実現できることが理想です。 いまは点であっても、それがつながることが大切だと思っています。 …

no image

ほっとひと息の一日

嵐の前の雨。 あるはずの大切な予定がなくなってしまいました。   が、毎月第3土曜日朝は『大庄ことはじめかいぎ』 大庄公民館を舞台にやりたいことをみんなで育てるコミュニティです。   昨年から大庄公民 …

no image

「子どもの貧困」と「格差社会」

今日も長野で議員研修会。 午前中は分科会。 田川英信さんと大阪子どもの貧困アクショングループ NPO法人CPAOの徳丸ゆき子さんの『子どもの貧困と自治体のとりくみ』に参加させていただきました。   地 …

自然エネルギー100%に向かう世界と日本

『自然エネルギー100%に向かう世界と日本』 パリ協定が発効し、世界的に脱炭素社会や再生可能エネルギー100%をめざす動きになっています。日本でもエネルギー政策(エネルギー基本計画)の見直しの議論が行 …

給食センターを考える

  給食センターの画像を見て、すごいなと思う反面、違和感を感じました。   子どもたちの給食を作る場所というより、食品工場なのではないのかと。   持続可能な社会を考える上で、何があっても生きていくた …