地域社会

『社会的排除と生きづらさの克服をめざして』

投稿日:2017年11月16日

 
 
『社会的排除と生きづらさの克服をめざして』
– 社会的包摂(ソーシャル・インクルージョン)と宗教 ー
龍谷大学院実践真宗学研究科主催のシンポジウムに西正寺の中平さんに教えていただき、参加させていただきました。
 
同志社大学 木原教授からは、自殺と社会構造について。
自殺は社会的な問題でもあり、構造的暴力について知りました。
 
 
 
東京工業大学 伊藤准教授からは、視覚障害の事例から、福祉論ではなく、身体論から差異を感じるアプローチに明るさを感じました。
 
 
僧侶であり、特定非営利活動法人エスペランサ理事の堀西氏からは、お寺でされている多文化共生の取り組みを教えていただきました。
 
 
尼崎 西正寺の僧侶であり、龍谷大学院の実習助手もされている 中平 氏には、尼崎で、様々な社会問題を市民が考え、議論する取り組みをご紹介いただきました。
地域の中で、お寺が果たす新たな役割に、可能性を感じました。
 
 
今、言葉では『地域共生社会』という言葉が一人歩きしていますが、今日の発表にあるような、地道な一つ一つの活動がつながって、波及することが地域共生社会の実現にはとても必要だと感じました。

-地域社会
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

開かれた議会

本日はJR立花駅周辺の美化活動からスタート。   その後、宝塚へ。 毎日見てませんが道の状態が違うと実感。   宝塚市議会第6回意見交換会に朝10時〜16時まで傍聴させていただきました。   議会が主 …

餅つき大会

  今朝もJR立花にて、トングマン。 いっぱい落ちてました! そののち、 社会福祉法人あま〜ちさんで餅つき大会。   子どもも、障がい者も、みんな餅をつく。 おそるおそるつく子、おもいっきり …

一日中『ミーツ ザ 福祉』

    実行委員会の体験チームに参加させていただき、『運動会をしよう』のお手伝い。 子どもたち、大人たちや障がいを持った方がチームを組んでのリレーなど、助け合いながらの運動会。 てんやわんやしながらも …

共に生きる地域

    地域福祉政策(理論編) ①これからの福祉政策の方向性 ②政策立案の手法 公益社団法人かながわ福祉サービス振興会理事長 瀬戸恒彦氏に伺いました。         福祉における地方自治体の役割は大 …

『子ども食堂』の今in尼崎

今、尼崎市内には30ヶ所以上の『子ども食堂』『地域食堂』が運営されています。 でもそれぞれ、どんな人がどんな食堂をされているのか?わからなかったりします。 尼崎でがんばっている『いこいこ!庵』『まある …