地域社会

『社会的排除と生きづらさの克服をめざして』

投稿日:2017年11月16日

 
 
『社会的排除と生きづらさの克服をめざして』
– 社会的包摂(ソーシャル・インクルージョン)と宗教 ー
龍谷大学院実践真宗学研究科主催のシンポジウムに西正寺の中平さんに教えていただき、参加させていただきました。
 
同志社大学 木原教授からは、自殺と社会構造について。
自殺は社会的な問題でもあり、構造的暴力について知りました。
 
 
 
東京工業大学 伊藤准教授からは、視覚障害の事例から、福祉論ではなく、身体論から差異を感じるアプローチに明るさを感じました。
 
 
僧侶であり、特定非営利活動法人エスペランサ理事の堀西氏からは、お寺でされている多文化共生の取り組みを教えていただきました。
 
 
尼崎 西正寺の僧侶であり、龍谷大学院の実習助手もされている 中平 氏には、尼崎で、様々な社会問題を市民が考え、議論する取り組みをご紹介いただきました。
地域の中で、お寺が果たす新たな役割に、可能性を感じました。
 
 
今、言葉では『地域共生社会』という言葉が一人歩きしていますが、今日の発表にあるような、地道な一つ一つの活動がつながって、波及することが地域共生社会の実現にはとても必要だと感じました。

-地域社会
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

『地域食堂・みそ・しょうゆ』 食べものを巡る一日

金楽寺にある喜楽苑地域ケアセンターあんしん24にて毎月第3日曜日に開催される地域食堂『まあるい食卓』のお手伝い。 こだわった食材で、ゆったりとしながらも手際よく食卓が仕上がっていきます。 優しい雰囲気 …

no image

フクシマの現状に触れて思うこと

いつもありがとうございます! 本日は、【さいなら原発 尼崎住民の会】が主催の『いわき市から兵庫へ 〜避難者のリアル〜』に参加させていただきました。 3.11後、福島県いわき市より兵庫に避難された方の話 …

高校内居場所カフェの実践

『子ども食堂』の今in尼崎 及び 尼崎農業祭!

おはようございます☀   朝、JR立花駅周辺でトングマン。   今日も佳き一日でありますように。       尼崎フォーラム 子ども食堂と共生の街づくり 『子ども食堂』の今in尼崎   パネラーの端っ …

尼崎市防災総合訓練

防災の日(9月1日)を前に、稲村市長を本部長とした『尼崎市防災総合訓練』が尼崎の100年の森で行われました。   平成29年8月31日(木)9時50分。 紀伊半島沖及び四国沖の海底を震源とするマグネチ …