地域社会

『社会的排除と生きづらさの克服をめざして』

投稿日:2017年11月16日

 
 
『社会的排除と生きづらさの克服をめざして』
– 社会的包摂(ソーシャル・インクルージョン)と宗教 ー
龍谷大学院実践真宗学研究科主催のシンポジウムに西正寺の中平さんに教えていただき、参加させていただきました。
 
同志社大学 木原教授からは、自殺と社会構造について。
自殺は社会的な問題でもあり、構造的暴力について知りました。
 
 
 
東京工業大学 伊藤准教授からは、視覚障害の事例から、福祉論ではなく、身体論から差異を感じるアプローチに明るさを感じました。
 
 
僧侶であり、特定非営利活動法人エスペランサ理事の堀西氏からは、お寺でされている多文化共生の取り組みを教えていただきました。
 
 
尼崎 西正寺の僧侶であり、龍谷大学院の実習助手もされている 中平 氏には、尼崎で、様々な社会問題を市民が考え、議論する取り組みをご紹介いただきました。
地域の中で、お寺が果たす新たな役割に、可能性を感じました。
 
 
今、言葉では『地域共生社会』という言葉が一人歩きしていますが、今日の発表にあるような、地道な一つ一つの活動がつながって、波及することが地域共生社会の実現にはとても必要だと感じました。

-地域社会
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

尼崎市防災総合訓練

防災の日(9月1日)を前に、稲村市長を本部長とした『尼崎市防災総合訓練』が尼崎の100年の森で行われました。   平成29年8月31日(木)9時50分。 紀伊半島沖及び四国沖の海底を震源とするマグネチ …

ミーツ・ザ・福祉

    尼崎市では1982年より『市民福祉のつどい』というイベントが続いています。   今年は内容をリニューアルし、もっと素敵なものに、楽しいものに、よりつながれるものに、パワーアップして『ミーツ・ザ …

給食センターを考える

  給食センターの画像を見て、すごいなと思う反面、違和感を感じました。   子どもたちの給食を作る場所というより、食品工場なのではないのかと。   持続可能な社会を考える上で、何があっても生きていくた …

これからの『こども食堂』『地域食堂』を考えよう!

   食でつながるフェスタおおさか 〜これからの『こども食堂』『地域食堂』を考えよう!〜   子ども食堂や地域食堂を実践されている方、これから作ろうとしている方、自治体職員や社協の方、子ども食堂などに …

開かれた議会

本日はJR立花駅周辺の美化活動からスタート。   その後、宝塚へ。 毎日見てませんが道の状態が違うと実感。   宝塚市議会第6回意見交換会に朝10時〜16時まで傍聴させていただきました。   議会が主 …