学校給食 教育 その他

中学校給食 パブリックコメント募集中

投稿日:2017年11月15日

 
 
秋深まり、冬に向かう尼崎。
 
だいぶ寒くなってきました。
皆さま、体調管理に氣をつけてください。
 
今日は専門知識のある市民の方に、学校現場の実際を伺うことができました。
 
鏡のように地域の課題が多様化しているのと比例して、学校現場の課題も多様化しているように感じました。
 
ゆとりとは程遠く、すべてにおいて余裕がない。
 
先生の負担増、それを補うために介助員や心の支援員など専門職の配置が必要だと思うが予算がない、そのため人手不足。
 
『きれいごと抜きのインクルーシブ教育』という本をいっきに読み上げ、現場の中での先生、保護者、子どもの苦悩を知る。
 
 
今の社会で安心感が減っている。
 
多様化と社会への適応。
自由と躾。
その狭間で、学校現場に多様な専門職との協働が必要だと思います。
 
その後、ステップ放送局さんに呼んでいただいて、トーク中継。
主に尼崎市でパブリックコメント募集中の中学校給食について話す機会をいただきました。
 
 
学校給食における食育は知育、体育の基になります。
是非関心を持って、知っていただき、考えていただき、パブリックコメントいただければ幸いです。
 
是非ともよろしくお願いいたします!
 
ステップ放送局さん
 
パブリックコメント募集案件

-学校給食, 教育 その他
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

『教育・子育て支援シンポジウム 〜 子ども達の選択肢を増やすには 〜 』に参加

    午後から、阪神尼崎駅前、NPO法人シンフォニーさん主催『教育・子育て支援シンポジウム 〜 子ども達の選択肢を増やすには 〜 』に参加しました。   多様性が叫ばれているのに画一な教育現場、そこ …

初一般質問  テーマは『中学校給食について』

  【はい議長!18番!】   私の議会での背番号は18番です。   定例会議において、質問をするのも、しないのも自由です。 議員にとって一般質問は大切な仕事だと思っていますので、これから4年間、毎回 …

いろいろな視点から考える自治体政策 初日

  いろいろな視点から考える自治体政策に参加しました。   『子どもの豊かな暮らしを創る   総合的な子育て支援』森田明美 東洋大学社会学部教授。   生きる意欲を創るのが福祉。   ・主体的に暮らす …

大庄北中学校育友会主催『中学校給食の出前講座』

大庄北中学校育友会主催『中学校給食の出前講座』に呼んでいただきました。 実は大庄北中は娘の母校、再び入れて懐かしい! 教育委員会中学校担当課の皆さまには丁寧に説明いただきました。 そもそも、尼崎市中学 …

学校給食に「田能のさといも」

うれしいお知らせをいただきました。   『学校給食に田能のさといも』   消滅寸前だった尼崎の伝統野菜『田能のさといも』が一部の小学校ですが、学校給食に初めて提供されました!   存在は知っていたにも …