地域社会 福祉

一日中『ミーツ ザ 福祉』

投稿日:2017年11月12日

 
 
実行委員会の体験チームに参加させていただき、『運動会をしよう』のお手伝い。
子どもたち、大人たちや障がいを持った方がチームを組んでのリレーなど、助け合いながらの運動会。
てんやわんやしながらも、楽しいひとときを過ごしました。
 
 
半年近くミーティングを重ねた中でいろんな方とつながることができました。
障がいを持った方も、そうでない方も、福祉に関わっている方もそうでない方も同じ目的で集まることにより、気づくことが多くありました。天候にも恵まれた一日でした。
 
 
それだけに昨日は多くの方々にお越しいただき、とてもうれしく思いました。
友人、知人、恩人にもそこら中で出会えました。
 
本当にありがとうございました!
 
終わって後片付け。
テントのオモリが重すぎる!
筋肉痛の予感。

-地域社会, 福祉
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

施設の管理・運用手法

ファシリティマネジメント。 不動産(土地、建物、構築物、設備など)すべてを経営にとって最適な状態(コスト最小、効果最大)で保有し、運営し、維持するための総合的な管理手法と定義され、企業や官公庁、営利・ …

『子ども食堂』の今in尼崎

居場所ってなんだろう?って思うことがあります。 安心できる、安全地帯なのかもしれません。 それが地域ぐるみで実現できることが理想です。 いまは点であっても、それがつながることが大切だと思っています。 …

no image

うまいもんと出会える2日間 ~全国障がい福祉物産展~

のうふくれんけい(農福連携)べんきょうかいvol3   兵庫の6次化プランナーであり、いろんなマルシェを手がけている谷町空庭のやまうちさんが、ちょっと力を入れている農福連携。   私も関心を持って勉強 …

給食センターを考える

  給食センターの画像を見て、すごいなと思う反面、違和感を感じました。   子どもたちの給食を作る場所というより、食品工場なのではないのかと。   持続可能な社会を考える上で、何があっても生きていくた …

あまがさきし地域福祉計画

いつもありがとうございます! 委員をさせていただいている『尼崎市社会保障審議会地域福祉専門分科会』の会議でした。 本年度から始まった尼崎市の『あまがさきし地域福祉計画』の点検、評価についてと、さらに連 …