地域社会 福祉

一日中『ミーツ ザ 福祉』

投稿日:2017年11月12日

 
 
実行委員会の体験チームに参加させていただき、『運動会をしよう』のお手伝い。
子どもたち、大人たちや障がいを持った方がチームを組んでのリレーなど、助け合いながらの運動会。
てんやわんやしながらも、楽しいひとときを過ごしました。
 
 
半年近くミーティングを重ねた中でいろんな方とつながることができました。
障がいを持った方も、そうでない方も、福祉に関わっている方もそうでない方も同じ目的で集まることにより、気づくことが多くありました。天候にも恵まれた一日でした。
 
 
それだけに昨日は多くの方々にお越しいただき、とてもうれしく思いました。
友人、知人、恩人にもそこら中で出会えました。
 
本当にありがとうございました!
 
終わって後片付け。
テントのオモリが重すぎる!
筋肉痛の予感。

-地域社会, 福祉
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

【食べる】ことの大切さ

いつもありがとうございます! 喜楽苑にて、島袋さん、石本さんなどが活動されている【専門職のネットワークで最後まで口から食べられる街 尼崎】 主催の『学ぼう、伝えよう介護食、嚥下食』に参加させていただき …

『子ども食堂』の今in尼崎

居場所ってなんだろう?って思うことがあります。 安心できる、安全地帯なのかもしれません。 それが地域ぐるみで実現できることが理想です。 いまは点であっても、それがつながることが大切だと思っています。 …

no image

フクシマの現状に触れて思うこと

いつもありがとうございます! 本日は、【さいなら原発 尼崎住民の会】が主催の『いわき市から兵庫へ 〜避難者のリアル〜』に参加させていただきました。 3.11後、福島県いわき市より兵庫に避難された方の話 …

ミーツ・ザ・福祉

    尼崎市では1982年より『市民福祉のつどい』というイベントが続いています。   今年は内容をリニューアルし、もっと素敵なものに、楽しいものに、よりつながれるものに、パワーアップして『ミーツ・ザ …

尼崎市防災総合訓練

防災の日(9月1日)を前に、稲村市長を本部長とした『尼崎市防災総合訓練』が尼崎の100年の森で行われました。   平成29年8月31日(木)9時50分。 紀伊半島沖及び四国沖の海底を震源とするマグネチ …