地域社会 福祉

一日中『ミーツ ザ 福祉』

投稿日:2017年11月12日

 
 
実行委員会の体験チームに参加させていただき、『運動会をしよう』のお手伝い。
子どもたち、大人たちや障がいを持った方がチームを組んでのリレーなど、助け合いながらの運動会。
てんやわんやしながらも、楽しいひとときを過ごしました。
 
 
半年近くミーティングを重ねた中でいろんな方とつながることができました。
障がいを持った方も、そうでない方も、福祉に関わっている方もそうでない方も同じ目的で集まることにより、気づくことが多くありました。天候にも恵まれた一日でした。
 
 
それだけに昨日は多くの方々にお越しいただき、とてもうれしく思いました。
友人、知人、恩人にもそこら中で出会えました。
 
本当にありがとうございました!
 
終わって後片付け。
テントのオモリが重すぎる!
筋肉痛の予感。

-地域社会, 福祉
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

いろいろな視点から考える自治体政策 初日

  いろいろな視点から考える自治体政策に参加しました。   『子どもの豊かな暮らしを創る   総合的な子育て支援』森田明美 東洋大学社会学部教授。   生きる意欲を創るのが福祉。   ・主体的に暮らす …

地域の元気を公民館から創る

尼崎市から長野県飯田市に約半年、派遣研修に行っていた、桂山さんと前阪さんが帰ってきました! その話をどうしても聞きたくて、上坂部の西正寺さんに。 飯田市の公民館は日本一元気な公民館だと言われています。 …

no image

「子どもの貧困」と「格差社会」

今日も長野で議員研修会。 午前中は分科会。 田川英信さんと大阪子どもの貧困アクショングループ NPO法人CPAOの徳丸ゆき子さんの『子どもの貧困と自治体のとりくみ』に参加させていただきました。   地 …

やさしい手話講座2回目を受講 他

    朝、園田地区会館にて、手話サークル『ふれあい』さんの、やさしい手話講座2回目を受講。   聴覚障がいの方々を交えての講座。 手話一つ一つに意味があり、気持ちや表情も大切。   手話の世界では私 …

まちの課題解決に取り組む大学

園田学園女子大学・まちづくり解剖学 テーマはまちの課題解決に取り組む大学。 ①ポートランド州立大学のCBL(Community Based Learning)実践研修報告 ②COC(Center Of …