福祉 食・農業

日本知的障害者福祉協会 全国生産活動・就労支援部会 兵庫大会in尼崎

投稿日:

 
 
日本知的障害者福祉協会 全国生産活動・就労支援部会 兵庫大会in尼崎に参加させていただきました。
 
テーマは農✖️福連携。
今、注目をあびつつある、農業と福祉の連携した取り組みについて詳しく知ることができました。
 
関係する厚生労働省と農林水産省の方向性や、先進的な京都府の取り組み事例や、全国の成功事例を知り、農業や福祉分野のみならず、地域課題の解決にも有効な取り組みだと実感しました。
 
開会式のご挨拶には、稲村和美 尼崎市長。
 
来年は医療、介護、障がい福祉のトリプル報酬改定をひかえ、難しい課題が多々あるなか、福祉支援の質の向上がポイントになってきます。
 
障がい者の就労支援のあり方も議論にあがっています。
 
農業の場面では農業従事者の平均年齢が66.3歳。
農業就業人口はH7年からH27年で1/2に減り、耕作放棄地は42.4万haと、ほぼ富山県と同じくらいの面積になってしまいました。
 
福祉面では、障がい者の方は、一般より就業率が低く、B型事業所では賃金が少ない。
 
この2つが融合すること、農✖️福=WIN✖️WINの関係に、お互いが笑顔になっている事例が全国で起こりつつあります。
  
 
さらに京都府では、いろんな世代の人がつながるような取り組みにすること。
支援する、支援されるではなく、お互い対等の立場で地域で共に生きるをテーマに取り組まれていることに感銘を受けました。
 
尼崎でも何かできないか?考えていきたいと思いました。

-福祉, 食・農業
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

うまいもんと出会える2日間 ~全国障がい福祉物産展~

のうふくれんけい(農福連携)べんきょうかいvol3   兵庫の6次化プランナーであり、いろんなマルシェを手がけている谷町空庭のやまうちさんが、ちょっと力を入れている農福連携。   私も関心を持って勉強 …

やさしい手話講座2回目を受講 他

    朝、園田地区会館にて、手話サークル『ふれあい』さんの、やさしい手話講座2回目を受講。   聴覚障がいの方々を交えての講座。 手話一つ一つに意味があり、気持ちや表情も大切。   手話の世界では私 …

食 day

      『まあるい食卓』   みんなでクッキング! コロッケをみんなで作りました。     尼崎の三大在来種『田能いも』を守り育てていらっしゃる『自然と文化の森協会』さんの収穫祭。 田能いもがたっ …

初一般質問  テーマは『中学校給食について』

  【はい議長!18番!】   私の議会での背番号は18番です。   定例会議において、質問をするのも、しないのも自由です。 議員にとって一般質問は大切な仕事だと思っていますので、これから4年間、毎回 …

no image

『フードポリシー カウンシル』

9月の第3日曜日、関わっていた事柄が台風の影響ですべて中止になりました。   予測不能な状況でのリスク回避。 自然を相手に判断することの難しさを感じました。状況に対する想像力、判断力が防災にもつながる …