福祉 食・農業

日本知的障害者福祉協会 全国生産活動・就労支援部会 兵庫大会in尼崎

投稿日:

 
 
日本知的障害者福祉協会 全国生産活動・就労支援部会 兵庫大会in尼崎に参加させていただきました。
 
テーマは農✖️福連携。
今、注目をあびつつある、農業と福祉の連携した取り組みについて詳しく知ることができました。
 
関係する厚生労働省と農林水産省の方向性や、先進的な京都府の取り組み事例や、全国の成功事例を知り、農業や福祉分野のみならず、地域課題の解決にも有効な取り組みだと実感しました。
 
開会式のご挨拶には、稲村和美 尼崎市長。
 
来年は医療、介護、障がい福祉のトリプル報酬改定をひかえ、難しい課題が多々あるなか、福祉支援の質の向上がポイントになってきます。
 
障がい者の就労支援のあり方も議論にあがっています。
 
農業の場面では農業従事者の平均年齢が66.3歳。
農業就業人口はH7年からH27年で1/2に減り、耕作放棄地は42.4万haと、ほぼ富山県と同じくらいの面積になってしまいました。
 
福祉面では、障がい者の方は、一般より就業率が低く、B型事業所では賃金が少ない。
 
この2つが融合すること、農✖️福=WIN✖️WINの関係に、お互いが笑顔になっている事例が全国で起こりつつあります。
  
 
さらに京都府では、いろんな世代の人がつながるような取り組みにすること。
支援する、支援されるではなく、お互い対等の立場で地域で共に生きるをテーマに取り組まれていることに感銘を受けました。
 
尼崎でも何かできないか?考えていきたいと思いました。

-福祉, 食・農業
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

尼崎教育フェスティバル2017 教育講演会

いっしょに生きる 楽しく生きる。 〜だれもが地域で豊かにくらすために〜   『尼崎教育フェスティバル2017』の教育講演会で、川崎市自閉症協会代表理事 明石洋子さんのお話を伺いました。   『苦労があ …

no image

農業✖️福祉

  奈良県高取町にある障がい者就労支援センター『ポルテの森』さんに視察と交流とお手伝いに行ってきました。   ポルテの森さんは就労継続支援B型として無農薬の農園を経営しておられます。   今日は雑草に …

no image

「子どもの貧困」と「格差社会」

今日も長野で議員研修会。 午前中は分科会。 田川英信さんと大阪子どもの貧困アクショングループ NPO法人CPAOの徳丸ゆき子さんの『子どもの貧困と自治体のとりくみ』に参加させていただきました。   地 …

地域食堂『まあるい食卓』

地域食堂『まあるい食卓』のブログを書かせていただきました。   http://blog.goo.ne.jp/maaruisyokutaku/e/f0ff070449dcdb3c6d9228e4b686 …

共に生きる地域

    地域福祉政策(理論編) ①これからの福祉政策の方向性 ②政策立案の手法 公益社団法人かながわ福祉サービス振興会理事長 瀬戸恒彦氏に伺いました。         福祉における地方自治体の役割は大 …