貧困 尼崎市男女共同参画審議会 福祉

尼崎市男女共同参画審議会  深刻で根深いDV

投稿日:2017年11月8日

 
『第3次尼崎市男女共同参画計画』の実施状況と『第2次尼崎市配偶者等からの暴力(DV)対策基本計画』素案についての審議でした。
 
DVについて、正直、審議委員になってから、その根深さと深刻さを知りました。
 
娘に聞くと小学校3年生ぐらいの時にDVが原因で急に転校になった子がいたそうです。(後からわかったことですが)
その子は歩道橋の上から、車が通る道をずっと見ていたそうです。今にも飛び降りてしまいそうに。
それを今でも憶えていると話してくれました。
 
親の影響を子どもはもろに受けてしまいます。
 
誰もが安心して暮らせる社会とは?
 
私はいろいろな方に迷惑をかけながらも、様々な方に助けてもらって生きてきました。
 
今回の『第2次尼崎市配偶者等からの暴力(DV)対策基本計画(素案)、より切れ目のない支援を意識し、横の連携を重視した内容になっています。
 
私自身まだまだ、まだまだ、他の委員に比べ専門知識が低く反省しきりですが、みんながみんなを見守る仕組みはすべてにつながることだと感じています。
 
知ることは、気づきを起こし、思いやりにつながると信じています。
 
第2次尼崎市配偶者等からの暴力(DV)対策基本計画(素案)来年1月にパブリックコメントが実施されます。
 
どうかこの計画の背景を知っていただき、ご意見をいただきますようにお願い申し上げます。

-貧困, 尼崎市男女共同参画審議会, 福祉
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ミーツ・ザ・福祉

    尼崎市では1982年より『市民福祉のつどい』というイベントが続いています。   今年は内容をリニューアルし、もっと素敵なものに、楽しいものに、よりつながれるものに、パワーアップして『ミーツ・ザ …

いろいろな視点から考える自治体政策 初日

  いろいろな視点から考える自治体政策に参加しました。   『子どもの豊かな暮らしを創る   総合的な子育て支援』森田明美 東洋大学社会学部教授。   生きる意欲を創るのが福祉。   ・主体的に暮らす …

やさしい手話講座2回目を受講 他

    朝、園田地区会館にて、手話サークル『ふれあい』さんの、やさしい手話講座2回目を受講。   聴覚障がいの方々を交えての講座。 手話一つ一つに意味があり、気持ちや表情も大切。   手話の世界では私 …

憲法を考える  ~党派越えて~

昨日は立憲民主党の宣伝カーに乗りました。   宝塚では共産党の方々が兵庫第6選挙区の桜井シュウさん(立憲民主党)の名を連呼していました。   先ほどまで、ミナセン尼崎『市民と野党の対話集会』に参加して …

あまがさきし地域福祉計画

いつもありがとうございます! 委員をさせていただいている『尼崎市社会保障審議会地域福祉専門分科会』の会議でした。 本年度から始まった尼崎市の『あまがさきし地域福祉計画』の点検、評価についてと、さらに連 …