貧困 尼崎市男女共同参画審議会 福祉

尼崎市男女共同参画審議会  深刻で根深いDV

投稿日:2017年11月8日

 
『第3次尼崎市男女共同参画計画』の実施状況と『第2次尼崎市配偶者等からの暴力(DV)対策基本計画』素案についての審議でした。
 
DVについて、正直、審議委員になってから、その根深さと深刻さを知りました。
 
娘に聞くと小学校3年生ぐらいの時にDVが原因で急に転校になった子がいたそうです。(後からわかったことですが)
その子は歩道橋の上から、車が通る道をずっと見ていたそうです。今にも飛び降りてしまいそうに。
それを今でも憶えていると話してくれました。
 
親の影響を子どもはもろに受けてしまいます。
 
誰もが安心して暮らせる社会とは?
 
私はいろいろな方に迷惑をかけながらも、様々な方に助けてもらって生きてきました。
 
今回の『第2次尼崎市配偶者等からの暴力(DV)対策基本計画(素案)、より切れ目のない支援を意識し、横の連携を重視した内容になっています。
 
私自身まだまだ、まだまだ、他の委員に比べ専門知識が低く反省しきりですが、みんながみんなを見守る仕組みはすべてにつながることだと感じています。
 
知ることは、気づきを起こし、思いやりにつながると信じています。
 
第2次尼崎市配偶者等からの暴力(DV)対策基本計画(素案)来年1月にパブリックコメントが実施されます。
 
どうかこの計画の背景を知っていただき、ご意見をいただきますようにお願い申し上げます。

-貧困, 尼崎市男女共同参画審議会, 福祉
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ミーツ・ザ・福祉

    尼崎市では1982年より『市民福祉のつどい』というイベントが続いています。   今年は内容をリニューアルし、もっと素敵なものに、楽しいものに、よりつながれるものに、パワーアップして『ミーツ・ザ …

『尼崎市男女共同参画審議会』に参加

本日、『尼崎市男女共同参画審議会』に委員として参加しました。   『第3次尼崎市男女共同参画計画』の基本目標である ・ 社会の制度・慣行等の見直し ・ 政策や方針の企画・決定における女性の参画拡大 の …

いろいろな視点から考える自治体政策 初日

  いろいろな視点から考える自治体政策に参加しました。   『子どもの豊かな暮らしを創る   総合的な子育て支援』森田明美 東洋大学社会学部教授。   生きる意欲を創るのが福祉。   ・主体的に暮らす …

no image

「子どもの貧困」と「格差社会」

今日も長野で議員研修会。 午前中は分科会。 田川英信さんと大阪子どもの貧困アクショングループ NPO法人CPAOの徳丸ゆき子さんの『子どもの貧困と自治体のとりくみ』に参加させていただきました。   地 …

共に生きる地域

    地域福祉政策(理論編) ①これからの福祉政策の方向性 ②政策立案の手法 公益社団法人かながわ福祉サービス振興会理事長 瀬戸恒彦氏に伺いました。         福祉における地方自治体の役割は大 …