地域社会 教育 その他 福祉

いろいろな視点から考える自治体政策 初日

投稿日:2017年11月7日

 
いろいろな視点から考える自治体政策に参加しました。
 
『子どもの豊かな暮らしを創る   総合的な子育て支援』森田明美 東洋大学社会学部教授。
 
生きる意欲を創るのが福祉。
 
・主体的に暮らす意欲と力をつける。
                      ⇩
・自己肯定感の向上。
                       ⇩
・市民として生きる。
 
顔の見える地域を創るには、小学校区単位の包括的支援がベスト。
 
社会や地域の不安が子どもに投影されます。
 
3.11以降、宮城県ではいじめの件数が約10倍に跳ね上がっています。
正直に発表しようということで明るみにでました。
隠そうと思えば隠せるとのこと。
 
森田教授曰く、議員はとにかく現場に出てほしい。
現場はどうなっているのか、実際見てほしいとお願いされました。
 
名刺交換をした時に尼崎はがんばってますね。といわれました。
その訳を探したいと思います。
 
 
『空き家、空き店舗、空地をどうする 〜公共空間の市民参加型と運営〜』早稲田大学社会科学学術院 卯月盛夫氏
 
そもそも行政主導の『都市計画』と市民主導の『まちづくり』は違う。
 
市民が自ら考え、自ら事業を起こし、行政が伴走する事例を数多く伺いました。
 
地域課題が多様化、増大化する中、都市計画(物的環境)と福祉(人的環境)の連携が重要になっています。
 
①『市民の生の声』の顕在化
②『地域課題』としての公共化
③『解決方法』の発見
④事業の実施
 
行政は外に出て、御用聞きをする必要性があり、地域の力はフレキシブルに変化が可能で、地域の課題は市民の力で解決できる可能性を感じました。
 
一番印象に残ったのは高知市の取り組み。
子どもの提案事業を子どもが審査し、実行する仕組み。
 
なんとそれを実現するため、寄付金が3年間で約870万円集まりました。
 
真剣に自分の街を良くするために、子どもが考え、事業提案する。
 
自己肯定感につながり、将来の街の担い手のシチズンシップが醸成されています。
 
子ども目線て街を眺めてみることの可能性を感じました。

-地域社会, 教育 その他, 福祉
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

子ども食堂『モコモコ倶楽部』

尼崎で一番新しい?子ども食堂『モコモコ倶楽部』さん。 なんと父の葬儀でお世話になった『元浜社会福祉連絡協議会 南会館』 先日の子ども食堂のシンポジウムで、出会い。 今日のぞいてきました。 中に入ると、 …

『てんこもり物産展inあまがさき』初日

『てんこもり物産展inあまがさき』   うまいもんといろいろと出会えました!   明日も9時30分〜15時まで、阪神尼崎駅前で開催です。  

あまっこエコチャレンジ

『あまっこエコライフチャレンジ ふりかえりと2018年計画の会』 世界的にこのまま温暖化が進むと人間が住めなくなるかもしれないという認識のもと、世界は脱炭素社会構築へ向けた動きを加速させています。 地 …

尼崎教育フェスティバル2017 教育講演会

いっしょに生きる 楽しく生きる。 〜だれもが地域で豊かにくらすために〜   『尼崎教育フェスティバル2017』の教育講演会で、川崎市自閉症協会代表理事 明石洋子さんのお話を伺いました。   『苦労があ …

no image

議員研修会 『貧困対策はどこに向かうのか』

  長野で議員研修会に参加しました。 題名は『貧困対策はどこに向かうのか』   誰もが自己肯定感を持てる社会をとは? よく考えるテーマです。 戦争と平和は対ですが、自由と平等は対なんだろうか?   参 …