地域社会 福祉 食・農業

『子ども食堂』の今in尼崎 及び 尼崎農業祭!

投稿日:2017年11月5日

おはようございます☀
 
朝、JR立花駅周辺でトングマン。
 
今日も佳き一日でありますように。
 
 
 
尼崎フォーラム 子ども食堂と共生の街づくり
『子ども食堂』の今in尼崎
 
パネラーの端っこに入れてもらいました。
 
今日はその打ち合わせ。
 
今、尼崎には30ヶ所を超える、子ども食堂、地域食堂が民間で運営されています。
 
それぞれ運営方法、考え方などが違うけど、もっと居場所が広がるといいよね、が共通認識。
 
それぞれの違いも含めて、知ってもらえるきっかけになればと思っています。
 
12月16日(土)13時30分〜16時
園田学園女子大学2号館241号教室にて。
 
是非、一緒に考えてみませんか?
 
 
 
快晴の中、尼崎農業祭!
 
尼崎特産、尼いもの新商品『尼いもご飯の素』絶賛発売中でした。
 
 

-地域社会, 福祉, 食・農業
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

「子どもの貧困」と「格差社会」

今日も長野で議員研修会。 午前中は分科会。 田川英信さんと大阪子どもの貧困アクショングループ NPO法人CPAOの徳丸ゆき子さんの『子どもの貧困と自治体のとりくみ』に参加させていただきました。   地 …

no image

持続可能な食スタイルとは何か?

  緑の党ひょうごの交流会で食と環境の関係を追ったドキュメンタリー映画『カウスピラシー』を観ることができました。 題名のCowsPiracy(カウスピラシー)はCow(牛)とConspira …

給食センターを考える

  給食センターの画像を見て、すごいなと思う反面、違和感を感じました。   子どもたちの給食を作る場所というより、食品工場なのではないのかと。   持続可能な社会を考える上で、何があっても生きていくた …

地域食堂『まあるい食卓』

創設メンバーではないながら、できるだけ行ける日はボランティア参加させていただいています。 子どもの貧困率が6人に1人というデータが示された時に、どうゆう事?見えないところで何が起こっているのだろう? …

みんなで考えよう 中学校給食

もともと関心があったのですが、学校給食をこんなに考えたことはなかったように思います。   なぜならこれから10年後、50年後、100年後の尼崎の中学校給食のあり方が問われているからです。   尼崎市で …