地域社会 経済環境市民常任委員会

行政視察二日目 静岡県富士市

投稿日:2017年11月1日

 
久しぶりにきれいな富士山をのぞみました。 
 
尼崎市経済環境市民委員会、行政視察二日目。
 
静岡県富士市を訪問しました。
テーマは地域の力こぶ増進計画に基づく取り組みについて。
 
 
 
富士市では地域力を高めるために、公民館を地区まちづくりセンターに再編し、地区ごとにまちづくり活動への支援や、行政の窓口を整備されています。
しかも室はすべて無料開放。
 
すべてのコミュニティは小学校区に整備され、
地区まちづくりセンターは小学校と同数の26ヶ所、きめ細かく配置され、そのすべてに市民サービスコーナーがあり証明書などを発行してもらえます。
 
小学校区ごとに各種団体を統合した『まちづくり協議会』が組織され、地域の自治の一本化が図られています。
町内会の加入率は83%とも90%とも言われています。
 
また、市の職員である前に、地区の住人であるとの考えから、自分の住んでいる地区でのボランティアを奨励されていて、職員は各地区の『まちづくり地区担当班』に加入、市内居住率も高く、約1000人の職員のうち約800人の職員の方が、近所の『まちづくり地区担当班』に加入されています。
 
『縦』➕『横』の連携。
地区の課題を明確にし、ベクトルを合わせ行動計画に落とし込む。
 
 
『社会情勢の変化に柔軟に対応できる足腰の強い、将来にわたって持続可能な地域コミュニティづくり』
 
ハード面、ソフト面において具体性を感じました。
 
 

-地域社会, 経済環境市民常任委員会
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

常任委員会傍聴

明日から、議案を審議するため、各常任委員会が開かれます。 12月13日(水) ・健康福祉委員会 ・建設消防企業委員会 12月14日(木) ・経済環境市民委員会 ・文教委員会 12月15日(金) ・総務 …

これからの『こども食堂』『地域食堂』を考えよう!

   食でつながるフェスタおおさか 〜これからの『こども食堂』『地域食堂』を考えよう!〜   子ども食堂や地域食堂を実践されている方、これから作ろうとしている方、自治体職員や社協の方、子ども食堂などに …

no image

フクシマの現状に触れて思うこと

いつもありがとうございます! 本日は、【さいなら原発 尼崎住民の会】が主催の『いわき市から兵庫へ 〜避難者のリアル〜』に参加させていただきました。 3.11後、福島県いわき市より兵庫に避難された方の話 …

経済環境市民常任委員会常任委員会事前説明

本日は私が所属している『経済環境市民常任委員会』の事前説明を受けました。 会派別の説明会のため協議会案件については幹事長に同席いただきましたが、議案については私ひとりに説明していただきました。 所管部 …

『子ども食堂』の今in尼崎

居場所ってなんだろう?って思うことがあります。 安心できる、安全地帯なのかもしれません。 それが地域ぐるみで実現できることが理想です。 いまは点であっても、それがつながることが大切だと思っています。 …