地域社会 経済環境市民常任委員会

行政視察二日目 静岡県富士市

投稿日:2017年11月1日

 
久しぶりにきれいな富士山をのぞみました。 
 
尼崎市経済環境市民委員会、行政視察二日目。
 
静岡県富士市を訪問しました。
テーマは地域の力こぶ増進計画に基づく取り組みについて。
 
 
 
富士市では地域力を高めるために、公民館を地区まちづくりセンターに再編し、地区ごとにまちづくり活動への支援や、行政の窓口を整備されています。
しかも室はすべて無料開放。
 
すべてのコミュニティは小学校区に整備され、
地区まちづくりセンターは小学校と同数の26ヶ所、きめ細かく配置され、そのすべてに市民サービスコーナーがあり証明書などを発行してもらえます。
 
小学校区ごとに各種団体を統合した『まちづくり協議会』が組織され、地域の自治の一本化が図られています。
町内会の加入率は83%とも90%とも言われています。
 
また、市の職員である前に、地区の住人であるとの考えから、自分の住んでいる地区でのボランティアを奨励されていて、職員は各地区の『まちづくり地区担当班』に加入、市内居住率も高く、約1000人の職員のうち約800人の職員の方が、近所の『まちづくり地区担当班』に加入されています。
 
『縦』➕『横』の連携。
地区の課題を明確にし、ベクトルを合わせ行動計画に落とし込む。
 
 
『社会情勢の変化に柔軟に対応できる足腰の強い、将来にわたって持続可能な地域コミュニティづくり』
 
ハード面、ソフト面において具体性を感じました。
 
 

-地域社会, 経済環境市民常任委員会
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

CITY REPAIR=まちを修繕する

全米NO1住みたい街ポートランド。   市民が個性を表現できる街ポートランド。   市民が主導した魅力ある街創りについて、辻かおりさんから学ぶ。   CITY REPAIR=まちを修繕する。   傾き …

みんなで考えよう 中学校給食

もともと関心があったのですが、学校給食をこんなに考えたことはなかったように思います。   なぜならこれから10年後、50年後、100年後の尼崎の中学校給食のあり方が問われているからです。   尼崎市で …

no image

飯田市への職員派遣について

新しい形の尼崎市議会決算特別委員会。 総務分科会を午前中に傍聴させていただきました。   前年の決算特別委員会を知らないため、比較はできませんが、各常任委員会が予算、進捗、決算のPDCAをチェック.審 …

企業と環境NPOの協働セミナー

企業と環境NPOの協働セミナー。 地域の課題が多様化複雑化している中、行政だけでは課題解決が難しくなってきているように思います。 そこで協働という言葉をよく聞くようになりました。 協働が大切なことはわ …

ことはじめ会議@大庄

  オトナテラコヤ@大庄vol.1 https://www.facebook.com/events/141757426508995/?ti=icl 未来の尼崎の地域のかたちを模索するために長野県飯田市 …