経済環境市民常任委員会 環境

行政視察 岐阜県大垣市

投稿日:2017年10月31日

 
尼崎市経済環境市民委員会の行政視察で岐阜県大垣市を訪れました。
 
テーマは産業振興関連施策の先進事例を学ぶ。
 
大垣市は岐阜県の三大河川 揖斐川、長良川が流れ、市域内を多くの河川が網目状に流れ、水の都と呼ばれていました。
 
その豊富で良質な地下水を活用して、近代では繊維産業を
中心に産業都市として発展。
 
その後、金型産業や電子部品産業が中心になり、今は情報産業基地『ソフトピアジャパン』を中心にIT産業の育成に、岐阜県とともに力を入れています。
 
このままいくと人口がどんどん減少してしまう。
 
地域活性化・人口維持の源泉は産業振興をコンセプトに、次世代を担う人材育成として『ものづくり名工塾事業』や企業誘致の取り組みをされていました。
 
尼崎市内にある『ものづくり支援センター阪神』をもっとオープンにして活用できないか?と考えました。
 
今、尼崎市では尼崎城を築城しています。
在りし日の尼崎城を築城したのが、戸田氏鉄で、次に転封したのが大垣藩でした。
 
これからできる尼崎城の参考に大垣城も視察させていただきました。
 
尼崎市は昨年、市政100周年。
大垣市は来年、市政100周年。
 
意外と関係の深い大垣市でした。

-経済環境市民常任委員会, 環境
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

一般質問内容全文(平成29年12月 第3回定例会)

12月7日の一般質問内容の全文です。 緑のかけはし、山﨑憲一でございます。 第3回定例会において質問の機会をいただき感謝申し上げます。 <質問1-1> まず環境教育について質問させていただきます。 国 …

尼崎市は環境モデル都市です。ご存じでしたでしょうか?

  【あまがさき環境オープンカレッジ】さんにお話しを伺いに行ったら、ちょうど塚口サンサンタウン3番館から2番館への引越し作業のお手伝いをちょっとできました。   塚口サンサンタウン3番館、39年の歴史 …

大地の再生 第1回都市環境サミット

  大地の再生  第1回都市環境サミット。   山、川、海は切っても切れない関係にあり、すべてはつながっていることを意識できました。   山村も漁村も都市も下流も上流も流域として考えていかないと生命の …

常任委員会傍聴

明日から、議案を審議するため、各常任委員会が開かれます。 12月13日(水) ・健康福祉委員会 ・建設消防企業委員会 12月14日(木) ・経済環境市民委員会 ・文教委員会 12月15日(金) ・総務 …

自然エネルギー100%に向かう世界と日本

『自然エネルギー100%に向かう世界と日本』 パリ協定が発効し、世界的に脱炭素社会や再生可能エネルギー100%をめざす動きになっています。日本でもエネルギー政策(エネルギー基本計画)の見直しの議論が行 …