環境

大地の再生 第1回都市環境サミット

投稿日:2017年10月30日

 
大地の再生  第1回都市環境サミット。
 
山、川、海は切っても切れない関係にあり、すべてはつながっていることを意識できました。
 
山村も漁村も都市も下流も上流も流域として考えていかないと生命の営みが弱ってしまうことを理解しました。
 
ミクロもマクロも相似形。
大地の中の空気と水の滞りが問題を起こす。
流域の中で水と空気の循環を考える必要性を感じました。
 
コンクリートで分断された無機質な空間が孤独感を助長しているように思えます。
 
そこに緑の有機質を加える工夫をすることで、コミュニティが生まれ、心のみならず経済的な恩恵を生み出した事例にも触れることができました。
 
今、生きづらさを感じているのであれば、それは大地が窒息状態になっているからなのではないかと思えました。

-環境

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

尼崎市は環境モデル都市です。ご存じでしたでしょうか?

  【あまがさき環境オープンカレッジ】さんにお話しを伺いに行ったら、ちょうど塚口サンサンタウン3番館から2番館への引越し作業のお手伝いをちょっとできました。   塚口サンサンタウン3番館、39年の歴史 …

カードゲーム『2030SDGs』 持続可能な開発目標

SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。 SDGsは2015年9月の国連サミットで採択されたもので、国連加盟193か国が2016年~ …

no image

クリーン活動にはまる

尼崎を良くしていくために、私に何ができるだろうか? そう考えているとき、ふと思い出したのは、【ニューヨークの地下鉄の落書きを消すことで犯罪が減ったというお話。当時の市長が治安を良くするために落書きを消 …

憲法を考える  ~党派越えて~

昨日は立憲民主党の宣伝カーに乗りました。   宝塚では共産党の方々が兵庫第6選挙区の桜井シュウさん(立憲民主党)の名を連呼していました。   先ほどまで、ミナセン尼崎『市民と野党の対話集会』に参加して …

自然エネルギー100%に向かう世界と日本

『自然エネルギー100%に向かう世界と日本』 パリ協定が発効し、世界的に脱炭素社会や再生可能エネルギー100%をめざす動きになっています。日本でもエネルギー政策(エネルギー基本計画)の見直しの議論が行 …