地域社会 教育 その他

高校内居場所カフェの実践

投稿日:2017年10月27日

  
 
『ユースワーク研修会②高校内居場所カフェの実践』
 
不登校、学校に物理的にも、心理的にも行けない子ども。
1000人あたりの%
 
小学生、尼崎市0.55  平均0.3〜0.4
中学生、尼崎市4.04  平均2.9
 
大阪で校内カフェなどを実践されている、一般社団法人officeドーナツトークの田中俊英代表のお話を伺わせていただきました。
 
 
 
ファストプレイス=家庭
セカンドプレイス=学校
どちらも居場所がないならサードプレイスとしての居場所づくり、地域や専門職が加わった総合支援、ケースカンファレンス、特にその子が将来的にどうなってほしいのか、長期的な目標を中心とした戦略的ケースカンファレンスを構築が求められていると実感したした。
 
田中さん、ユースワーク研修会を企画された方々、参加されている方々、実践されている方々のすごさを感じられました。
 
次回のユースワーク研修会は11月10日(金)18時30分 尼崎市小田支所にて。
楽しみにしています!
 
 
 
『無肥料栽培を実現する』in三田
 
久しぶりに岡本よりたかさんの話を伺えました。
 
えてして自然栽培の話は思想的に偏りがちですが、無肥料栽培という概念で、理にかなう形で解説されているのがすごい。
 
酸素(o)、炭素(c)、水素(H)
水と空気と太陽で循環する。
 
多少ストレスがある方が成長する。
ダラっとすると成長が止まる。
 
野草は風の音を聞いて育つ、野菜は人の足音を聞いて育つ。
 
なるほど。

-地域社会, 教育 その他
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

あまっこエコチャレンジ

『あまっこエコライフチャレンジ ふりかえりと2018年計画の会』 世界的にこのまま温暖化が進むと人間が住めなくなるかもしれないという認識のもと、世界は脱炭素社会構築へ向けた動きを加速させています。 地 …

地域の元気を公民館から創る

尼崎市から長野県飯田市に約半年、派遣研修に行っていた、桂山さんと前阪さんが帰ってきました! その話をどうしても聞きたくて、上坂部の西正寺さんに。 飯田市の公民館は日本一元気な公民館だと言われています。 …

『みんなの尼崎大学』

大学に入学しました!   2017年10月7日 入学式でした。   その名は『みんなの尼崎大学』 特定の学舎はなく、教授もいません。     みんなが先生、みんなが生徒、どこでも教室。 まちに、まなび …

給食センターを考える

  給食センターの画像を見て、すごいなと思う反面、違和感を感じました。   子どもたちの給食を作る場所というより、食品工場なのではないのかと。   持続可能な社会を考える上で、何があっても生きていくた …

いろいろな視点から考える自治体政策 初日

  いろいろな視点から考える自治体政策に参加しました。   『子どもの豊かな暮らしを創る   総合的な子育て支援』森田明美 東洋大学社会学部教授。   生きる意欲を創るのが福祉。   ・主体的に暮らす …