地域社会 福祉 食・農業

やさしい手話講座2回目を受講 他

投稿日:2017年10月26日

 
 
朝、園田地区会館にて、手話サークル『ふれあい』さんの、やさしい手話講座2回目を受講。
 
聴覚障がいの方々を交えての講座。
手話一つ一つに意味があり、気持ちや表情も大切。
 
手話の世界では私はなんら表現できないでいたため孤独を感じます。
あたりまえでない環境におかれて、初めて感じることがあります。
 
表情力を養うことや、頭の活性化に手話は有効なのではないかとも思いました。
 
もう一つ園田にかかる橋は勾配がきついなと感じました。
 
 
昼、恩人から、みんなが助け合って生きていける地域を創ってくれ!とドサッと宿題。
 
一所懸命 がんばります!
 
 
 
夕方、節目で私の原動力となった映画『都市を耕す エディブルシティ』多分、尼崎で初上映会の最後のミーティング。
 
偶然、仲間となった『草のね meet』の初上映会。
 
これからの都市を考える上でも、是非観てほしい映画の一つです。
 
 
当日は野草をトッピングしたおにぎりと野草のお茶を心込めてご用意します。
 
今日のお茶はスギナ、ドクダミ、シソ、ミント、柿の葉のブレンド茶。
とっても美味しかったです。
 
当日はヨモギとビワの葉が仲間入り。
どんな味わいになるのか楽しみです。
 
 
草のねmeet vol.1
『都市を耕す エディブルシティ』上映会
 
いよいよ今週土曜日10月28日(土)開催です。
場所は尼崎市小田地区会館 11時からです。
 
草のねmeetとして、初めての上映会です。
 
アメリカ西海岸を舞台に、さまざまな食の問題に対して真正面から向き合い、問題解決のために実践している人たちの姿を追ったドキュメンタリー映画です。
 
小さなことから始まり、食がさまざまな人や行政をつなぎ、市民が楽しそうに社会変革を起こしている姿を観て、心に希望の種が蒔かれました。
私自身、勇気をもらった映画です。
是非、観てもらいたい映画です。
 
観て、何か感じて、少し話ができて、参加してもらえると、ありがたいです。
 
 
 
夜、『ミーツ ザ 福祉』実行委員会
 
 
真剣に楽しく会議中。
 
2017.11.11(土)何かが起こる予感!

-地域社会, 福祉, 食・農業
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

給食センターを考える

  給食センターの画像を見て、すごいなと思う反面、違和感を感じました。   子どもたちの給食を作る場所というより、食品工場なのではないのかと。   持続可能な社会を考える上で、何があっても生きていくた …

学校給食に「田能のさといも」

うれしいお知らせをいただきました。   『学校給食に田能のさといも』   消滅寸前だった尼崎の伝統野菜『田能のさといも』が一部の小学校ですが、学校給食に初めて提供されました!   存在は知っていたにも …

高校内居場所カフェの実践

『子ども食堂』の今in尼崎

今、尼崎市内には30ヶ所以上の『子ども食堂』『地域食堂』が運営されています。 でもそれぞれ、どんな人がどんな食堂をされているのか?わからなかったりします。 尼崎でがんばっている『いこいこ!庵』『まある …

NPO法人はちの発足お披露目会in神戸

友人のひでさんが立ち上げた『NPO法人はち』の発足お披露目会in神戸でした。     多くの方々にご来場いただき、知人にも再開できて有意義な時をすごせました。   『はち』の由来   『ミツバチ』 ミ …