地域社会 食・農業

『都市を耕す エディブルシティ』

投稿日:2017年10月25日

『都市を耕す エディブルシティ』
 
この映画は絶妙なタイミングで観ることができ、希望の種と勇気をいただいた忘れることができない映画の一つになりました。
 
食べものが基本。
食べもの=社会。
 
身近な食べものを、それを作り出している農業を通じて、苦しさ、生き苦しさを超えて、楽しそうに社会変革を起こしている姿を観て、自分も何かできることはないだろうか?と私自身、挫折を味わった中、勇気をもらいました。
 
食や農を通じて、上からではなく地に足をつけた草のね が広がるとちょっと違った景色が見えるのではないかと思っています。
 
感じ方はそれぞれでいいと思うのです。
実際、アメリカ西海岸で起こっている現実を共有できればと思っています。
 
 
草のねmeet vol.1
『都市を耕す エディブルシティ』上映会
 
いよいよ今週土曜日10月28日(土)開催です。
場所は尼崎市小田地区会館 11時からです。
 
草のねmeetとして、初めての上映会です。
 
アメリカ西海岸を舞台に、さまざまな食の問題に対して真正面から向き合い、問題解決のために実践している人たちの姿を追ったドキュメンタリー映画です。
 
小さなことから始まり、食がさまざまな人や行政をつなぎ、市民が楽しそうに社会変革を起こしている姿を観て、心に希望の種が蒔かれました。
私自身、勇気をもらった映画です。
是非、観てもらいたい映画です。
 
観て、何か感じて、少し話ができて、参加してもらえると、ありがたいです。
 
 
 

-地域社会, 食・農業
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

まだまだ尼崎には知らない場所がいっぱいあります。

  先日、知人にご案内いただき、尼崎市立文化財収蔵庫で、綿花栽培から、糸を紡ぎ、染色までをしているグループがあるのを知りました。 染色に使う、藍、茜、小鮒草まで栽培していました。 伝統を紡ぐ、とても大 …

『地域食堂・みそ・しょうゆ』 食べものを巡る一日

金楽寺にある喜楽苑地域ケアセンターあんしん24にて毎月第3日曜日に開催される地域食堂『まあるい食卓』のお手伝い。 こだわった食材で、ゆったりとしながらも手際よく食卓が仕上がっていきます。 優しい雰囲気 …

no image

『フードポリシー カウンシル』

9月の第3日曜日、関わっていた事柄が台風の影響ですべて中止になりました。   予測不能な状況でのリスク回避。 自然を相手に判断することの難しさを感じました。状況に対する想像力、判断力が防災にもつながる …

いろいろな視点から考える自治体政策 初日

  いろいろな視点から考える自治体政策に参加しました。   『子どもの豊かな暮らしを創る   総合的な子育て支援』森田明美 東洋大学社会学部教授。   生きる意欲を創るのが福祉。   ・主体的に暮らす …

やさしい手話講座2回目を受講 他

    朝、園田地区会館にて、手話サークル『ふれあい』さんの、やさしい手話講座2回目を受講。   聴覚障がいの方々を交えての講座。 手話一つ一つに意味があり、気持ちや表情も大切。   手話の世界では私 …