福祉 食・農業

うまいもんと出会える2日間 ~全国障がい福祉物産展~

投稿日:2017年10月18日

のうふくれんけい(農福連携)べんきょうかいvol3
 
兵庫の6次化プランナーであり、いろんなマルシェを手がけている谷町空庭のやまうちさんが、ちょっと力を入れている農福連携。
 
私も関心を持って勉強しています。
 
今日の講師はNPO法人HUB’s(ハブズ)理事長 林 正剛さん。
 
HUB’sとはヒト、地域、事業をつなぎ、あらたなHUBとなる。人材、魅力ある地域・事業を生み出すという想いが込められています。
 
今、65歳以上の農業従事者は61%。
40歳以下の農業従事者は10%。
 
このままだと10年から20年で、日本の農業は壊滅してしまうかもしれません。
 
それを救ってくれるのは障がい者の方々かもしれません。
 
長野県では施設外就労の形ができつつあります。
2〜3日かかると思われた作業が半日で終わったり、一生懸命さと集中力に感嘆の声があがっています。
 
今までは可哀想だから買ってください。という発想がありました。
 
そうではなく、可哀想を抜け出して、地域で活躍できる場、地域に求められる事業構築の必要性を感じました。
 
林 正剛さんから11月9〜10日の阪神尼崎駅前のイベントの話しを聞きました。
 
恥ずかしながら、知りませんでした。
広報、告知がなかなか進んでいないようです。
 
全国規模の催しです。
 
尼崎開催です。
是非、是非、是非、ご参加ください。
 
 
うまいもんと出会える2日間 ~全国障がい福祉物産展~
 
心のこもった『食』が集結!?
全国の福祉施設や飲食関係店舗からの出店があります。
それぞれの出店者が素材や地域の特産物にこだわり、愛情込めて作る食べ物が揃います。ぜひ、味わってみてください!
 
世界に一つの『物』が買える!?
全国の福祉施設などから雑貨等の出店があります。
ハンドメイドやアイデア商品に出会えるチャンス!ぜひ、作り手の思いにもふれてみてください。
 
【開催日時】
平成29年11月9日(木)10:30~16:30
平成29年11月10日(金)9:30~15:00
 
【会場】
尼崎中央公園
 
 

-福祉, 食・農業
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

子ども食堂『モコモコ倶楽部』

尼崎で一番新しい?子ども食堂『モコモコ倶楽部』さん。 なんと父の葬儀でお世話になった『元浜社会福祉連絡協議会 南会館』 先日の子ども食堂のシンポジウムで、出会い。 今日のぞいてきました。 中に入ると、 …

給食センターを考える

  給食センターの画像を見て、すごいなと思う反面、違和感を感じました。   子どもたちの給食を作る場所というより、食品工場なのではないのかと。   持続可能な社会を考える上で、何があっても生きていくた …

いろいろな視点から考える自治体政策 初日

  いろいろな視点から考える自治体政策に参加しました。   『子どもの豊かな暮らしを創る   総合的な子育て支援』森田明美 東洋大学社会学部教授。   生きる意欲を創るのが福祉。   ・主体的に暮らす …

やさしい手話講座2回目を受講 他

    朝、園田地区会館にて、手話サークル『ふれあい』さんの、やさしい手話講座2回目を受講。   聴覚障がいの方々を交えての講座。 手話一つ一つに意味があり、気持ちや表情も大切。   手話の世界では私 …

学校給食に「田能のさといも」

うれしいお知らせをいただきました。   『学校給食に田能のさといも』   消滅寸前だった尼崎の伝統野菜『田能のさといも』が一部の小学校ですが、学校給食に初めて提供されました!   存在は知っていたにも …