未分類

リベラル野党が共闘

投稿日:2017年10月13日

 
 
目指す政策は大きくは同じでありながら、それだけに分断対立してきたように思います。
 
最大公約数の志を同じくする5つの政党と政治団体が尼崎で結集しました。
 
武庫之荘駅北側、立憲民主党の街宣車が初めて現れました。
乗り込むのは、緑の党、新社会党、ミナセン尼崎の市民と市議会議員。
 
JR立花駅南側では、立憲民主党の街宣車に共産党の小選挙区堀内照文候補があがりました。
そして共産党、緑の党、新社会党の市議が手を手にとってのご挨拶。
 
阪神尼崎ではミナセン尼崎メンバー、緑の党、新社会党が訴え。
 
堀内照文候補の事務所前でエールを贈り。
 
再びJR立花駅南側に戻り、立憲民主党の街宣車の上から、新社会党、緑の党、社民党、民進党の市議が訴えかけました。
 
最後は立花すこやかプラザにて『市民と野党の対話集会』
 
さまざまな立場の方にお越しいただき、席がいっぱいになり立ち見がでる満員御礼。
 
私は、公務のため少し遅れた丸尾牧兵庫県議の代役で、緑の党グリーンズジャパンを代表してご挨拶させていただきました。
 
 
1日中、活動を共にさせていただき、何党かわからないぐらいカオス感がありましたが、温度差がありながらも一体感を感じました。
 
この選挙、ちょっとおもしろいかもしれません。
 
大きく分けて3極。
もっと大きく分けると保守とリベラル。
 
日本国憲法については、変えないと都合の悪い保守系と守りたいリベラル系。
 
保守とリベラル、調べてみるとこうありました。
 
右翼左翼を語る前にまずは「保守」と「リベラル(革新)」について説明します。
まぁどちらも読んで字の如くなんですが
「保守」は守るべきものはしっかり守る、変えるべきものは熟考の上、より良い物に変えて行くという思想。
具体的には伝統や文化を大切に守り、かつ本当に必要なものは少しずつ取り入れ社会を良くして行く考え方。
「リベラル(革新)」はとにかく改革優先。古い考えは隅に追いやり、一からやり直そうって思想。
具体的には伝統や文化も古臭く邪魔になる場合もあるのだから、どんどん捨ててでも一から新しくしてしまおうって考え。
 
日本国憲法に対しては逆転するのが不思議です。
 
そこのことをよくよく考えてほしいのです。
 
日本国憲法は国民の人権を守るために、政権を縛る目的に存在します。
 
権力を持つ人が暴走しないための最上位の理念です。
 
この憲法に反するすべての法律は無効となります。
 
国民の人権を守る最後の砦が日本国憲法なのです。
 
それを変えたい保守、守りたいリベラル。
 
どちらが国民を守りたいのか?
よくよく考えて棄権せず投票することを願います。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

墓前にて

墓参りに行きました。 ここには、父、祖母、祖父が眠っています。 父は尼崎の市職員、祖母は学校の先生、祖父は教育委員会の体育部長でした。 今年、違う立場で尼崎市に関わることになったことをあらためて報告し …

気候変動適応法

気候変動適応法案が2月20日に閣議決定されました。 http://www.env.go.jp/press/105165-print.html みんなで考える『温暖化からひょうごを守る適応策』in尼崎『 …

no image

あまがさきサマーセミナーin双星高校 

「まちに、まなびを、まきおこす」 みんなが先生、みんなが生徒。 あまがさきサマーセミナーin双星高校でした。 1日があっという間に過ぎて、心地よい疲労感がきもちいい。 朝礼から五時限目までずっと参加さ …

no image

経済格差

現代の格差は大変大きな問題で、簡単に解決できる方策を打ち出すことはなかなか困難に思われます。だけれども、できること、やるべきことはいくらでもあるのではないでしょうか? セーフティネットの確立、拡充とい …

平成30年尼崎市消防出初式

自治体消防発足70周年『平成30年尼崎市消防出初式』に出席。 尼崎市消防局、地域の消防団、尼崎市防火協会など、尼崎市の防災や救命に関わっている方々の功績にふれ、頼もしく思うとともに、感謝の念がわきまし …